「まだ結婚できない男」の祝辞が「超展開」 阿部寛の熱演に視聴者感激

阿部寛さん(2017年撮影)

写真を拡大

俳優の阿部寛さん(55)が主演する「まだ結婚できない男」(フジテレビ系)の第8回が、2019年11月26日に放送された。

同作は2006年に放送された「結婚できない男」の続編。建築家として確かな技量を持つも、その偏屈さで周囲を驚かせる一級建築士・桑野信介の13年後の姿を描く作品だ。第8回では、桑野の建築事務所で働く一級建築士・村上英治(塚本高史さん=37)と、同事務所に出入りする住宅プロデュース会社の従業員・森山桜子(咲妃みゆさん=28)の披露宴に出席した桑野が祝辞を述べる姿が放送され、視聴者からは絶賛の声が上がった。

「人生ってのは、全く、何が起こるか分かりませんね」

司会者からの指名を受け、マイクの前に立った桑野。祝辞を書いたメモを取り出そうとするが、そのメモを落としたことに気付き、即興でしゃべることになった桑野だったが、それを逆手に取り、「人生ってのは、全く、何が起こるか分かりませんね」と自らに起きたハプニングに引っ掛けて祝辞を述べ始めた。

その中で桑野は、普段から結婚にはメリットがないと主張しているだけあって、「結婚に後悔したとしても、それは自己責任です」と、祝辞とは思えない後ろ向きな指摘を行ったほか、「万が一、離婚することになっても、いい弁護士さんがいますから」と、同じく来賓として披露宴に出席していた弁護士の吉山まどか(吉田羊さん)を引き合いに出してブラックジョークを放つなどしたため、式場内は微妙な雰囲気に包まれたのだった。

「彼はどんなつらいことでも逃げなかった」

しかし、ここから桑野の祝辞は「超展開」を見せる。15年前、英治が何もできない新人として桑野の事務所に入ったことを語り始めた桑野は、「ただ1つ、彼はどんなつらいことでも逃げなかった」と、英治の忍耐力を称賛。「そんな彼の力もあって何とかここまでやってこれたわけです」と、英治が事務所の原動力となっていったと賛辞を贈ったのだ。

さらに、桜子に対しては、「(英治が)桜子さんに責められても、絶対に逃げないでしょう」と、夫婦仲が悪化しても英治の忍耐力で乗り切れると保証。「桜子さん、英治をお願いします」と述べると、続けて、「英治、おめでとう」と祝福したのだった。師匠である桑野からの温かい言葉を聞いた英治は涙ぐむ様子を見せると、画面は13年前の前作「結婚できない男」で放送された、桑野と英治が事務所内で仕事をするシーンが走馬灯のように流れたほか、画面が式場内に戻ると、先程の式場内とは打って変わって桑野に温かい視線と惜しみない拍手が贈られたのだった。

これら、桑野の祝辞のシーンに対しては、「まだ結婚できない男のドラマを見ながら泣いてしまった」といった視聴者からの絶賛がツイッター上に殺到。「英治くんとの絆がよくわかる、人間桑野の回でした」と、桑野の人間味を感じたとする声も上がっている。

なお、祝辞のシーンはこのあと、桑野が、「そんな2人に、今日は、3つの『袋』を贈りたいと思います」と、桑野が結婚式の常套句を用いて祝辞の続きを述べ始める一幕があったが、祝辞のシーンはここで終了。ただ、そのあとに映った吉山が披露宴の感想を述べるシーンでは、「桑野さん、やればできるじゃない」との言葉が飛び出しており、おかしなことは言わなかったことが明かされていた。このため、ツイッター上には「今日の桑野さんの結婚スピーチ、あのまま終わらないと思ったけど、”3つの袋”で大爆笑」と、当該シーンに満足したとの感想が上がるなどしている。

(J-CASTニュ−ス編集部 坂下朋永)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1127/jc_191127_2889260419.html