【まだ結婚できない男】第7話の桑野がかっこよすぎた! 大切な店を守るために黙って行動する姿が完全にヒーローだった件

2019年11月19日にフジテレビ系で放送された『まだ結婚できない男』第7話。

ある日、桑野(阿部寛さん)のもとに「新しくオープンする店の内装を手掛けてほしい」という依頼が舞い込みます。

しかし後になって、その店が有希江(稲森いずみさん)が経営するコーヒー店であることが判明。内装を変えた後は、別の店が入るという事実を知るのです。

【桑野の行動がイケメンすぎた件】
すなわち、店が変われば有希江は職を失うということ。桑野にとって大切な場所もなくなってしまいます。

そこで桑野は、新しい店舗を運営する男の弱点を探り、店の話が進まないよう暗躍。こうして有希江は店を手放さずに済んだのですが……。

桑野ってば、そのことを誰にも言わないんですよ。

しかも新装開店のお祝いとして「新しい店看板」をサプライズで贈っていて、今回の桑野、行動がイケメンすぎるのですが〜!?

【そうそう、こういうところが桑野の長所なのよね〜!】
前作『結婚できない男』からのファンである私にとって、桑野の魅力は、なんだかんだ言いながらも人のために行動できるところ。

「表面には表れにくいけど、実は誰よりもやさしい」という点が、桑野が周囲の人に愛されるゆえんだと思っています。

正直、今作ではそういった面があまり描かれてないように感じていたもので、第7話のイケメンエピソードを観た瞬間「キターーーーー!」と叫びそうになりましたヨ。

【自分の軸がブレない男・桑野】
有希江のコーヒー店は、桑野にとって「なくなると困る場所」。

だから人のためだけでなく、自分のためにも行動したのでしょうが、仕事の依頼を受けていたわけですから「ギャランティーを失う」ことにもつながります。

つまり桑野にとっては、一時のお金儲けよりも、自分にとって大切なもののほうが価値があるということ。

こうした自分の望みにどこまでも忠実なところも、桑野の長所!

第7話では、大勢の女性に交じって「ひとりタピオカ」するシーンが盛り込まれていましたが、欲望に忠実な桑野だからこそなせる業なのかも!?

【祝! 英治くん結婚!】
11月26日放送の第8話では、愛弟子・英治(塚本高史さん)がついに結婚することに!

桑野は主賓スピーチをお願いされるのですが、またしても失言をして気まずい雰囲気になってしまうそうなんですよネ……。果たしてどんな結末を迎えるのか、非常に気になるところです〜っ。

参照元:カンテレ、Twitter @kekkon_ktv
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/trend/1126/pou_191126_2710623953.html