【ロッテ】右肘手術から復活の佐々木千隼、300万円増で更改 結婚も併せて発表!

契約更改を行ったロッテ・佐々木は結婚の報告も行い笑顔を見せる

写真を拡大

 ロッテ・佐々木千隼投手(25)が26日、千葉市内のZOZOマリンで契約更改し、300万円増の1970万円でサイン。スポーツ報知既報通り、今年6月に結婚していたことも併せて発表した。お相手は知人の紹介で知り合った都内在住の一般女性(27)で、12月吉日に都内で挙式する。

 佐々木は16年ドラフト1位で入団。17年4月6日の日本ハム戦(ZOZO)でプロ初登板初勝利を飾るなど1年目に4勝をマークしたが、期待された翌18年の7月に右肘の遊離体除去手術を受け2年目は1軍登板なし。今季は7月9日の日本ハム戦(ZOZO)で656日ぶりの復活勝利を挙げた裏側には地道なリハビリ生活を支えた姉さん女房の存在があったといい「僕がネガティブなので、真逆でポジティブに支えてくれる。考えすぎて落ち込んでいる時も笑わせてくれる」と感謝を口にした。

 来季の目標については「ローテーションに入りたい思いはある。1軍で投げたいのでどんな役割でも」と決意を込めた千隼。愛妻のためにも全力を尽くす。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/sports/1126/sph_191126_9038405206.html