イモトアヤコと結婚した石崎Dが〝世界の果てまで〟追い詰められる?

イモトアヤコ

写真を拡大

 タレントのイモトアヤコが「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)にすべてを捧げると、11月29日発売の「フライデー」が報じた。

 イモトといえば、11月24日に放送された同番組の緊急生放送スペシャルで、〝石崎D〟こと石崎史郎ディレクターとの結婚を発表。同誌によると、石崎氏は明治大学卒で番組制作会社の社員。仕事で1年の大半を過ごすうちに絆が芽生え、イモトにとって石崎氏は欠かせない存在となった。2018年、イモトは石崎氏を近所の焼肉店に誘い、思いを記した手紙を渡してプロポーズ。約1年半の交際を実らせて、見事ゴールイン。イモトにとっては、自身がブレイクした番組のディレクターと結婚したことになり、今後はより「イッテQ!」に力を注ぐという。

 公私ともかけがえのない存在となった2人だが、石崎氏が〝世界の果てまで〟とは言わないまでも、心理的に追い詰められるケースも考えられると芸能記者は話す。

「1つは収入格差です。石崎氏はディレクターといえども、いち制作会社の会社員。イモトは17年の『女性セブン』で報じられましたが、約1億円の億ションを購入したほどリッチです。番組では石崎氏のほうが立場が上かもしれませんが、家計面ではイモトの世話になることも考えられ、それが石崎氏のストレスにならないか、心配です」

 金銭面でもう1つ、悩みのタネがありそうだと芸能記者は続ける。

「イモトの浪費癖です。7月17日放送のラジオ番組『イモトアヤコのすっぴんしゃん』(TBSラジオ)で、イモトは自身の浪費癖について語りました。それによると、いちばん金を使うのはネットショッピング。イモトはいいと思ったら、すぐに買うそうです。中には、買っても1回しか使ってないものもあるとか。イモトは自身のことを〝散財モンスター〟と表現していました。ただ、イモトが散財しても、それは自分のギャラ。石崎氏は何も言えないのではないでしょうか。これも、ストレスの種になりそうです」

 2人が力を合わせて「イッテQ!」の視聴率がさらに上がり、石崎Dの収入も増えれば、問題はなさそうだが。

(石田英明)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1129/abz_191129_8188531594.html