オードリー若林、“例の騒動”で終わったと思っていたこと明かす「そらぁって思ってたの。リアル」

11月28日放送のTBS系『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』にオードリー・若林正恭と春日俊彰が出演した。

【別の記事】オードリー若林、相方・春日の“浮気報道”に心境吐露「まさかね…」

番組では、2019年4月に本番組で行われた春日のプロポーズのVTRの一部を改めて放送するとともに、若林の電撃結婚を祝う映像を放送。その後、オードリーの2人が出演するコーナー“日本全国 廃品回収モニタリング”が始まると、若林は「このコーナーまだやるんすね」と切り出した。

続けて若林は、「もう終わったのかなと思ってました」「“例の騒動”があったんで」と話すと、春日は「騒動とかいうな!」「あれを経てね…」とツッこみ、“当番組でプロポーズした後、いろいろあった春日”とテロップが表示された。

その後、若林が再度「終わるだろうな、そらぁって思ってたの。リアル」と語ると、「そんな薄情じゃないよ、モニタリングくんは」とコメントした。

そんなオードリーは以前、別の番組に出演した際、騒動によって「デカめのトーク番組が2つ飛びましたからね」と若林が明かしていたことがあった。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9222573