“ザ・ノンフィクション芸人”小出真保、ナレーション収録へ本人取材の本気

●原稿を読みながら涙
フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)に魅了された女芸人・小出真保が、12月1日に放送される『女32歳 きょうからプロレスラー ~父への告白~』で、再びナレーションに抜てきされた。

「細かすぎて伝わらないモノマネ」で『ザ・ノンフィクション』にありそうな風景を披露して優勝したことをきっかけに、大好きな番組のナレーションを勝ち取った小出。今回は、32歳になって女子プロレスの練習生となった長谷川美子さんの奮闘に密着する物語だが、収録前に美子さんを自ら訪ね、取材を敢行するという気合の入りようだ。

○■現場を目に焼き付けておきたい

今回のVTRを見て、「女芸人の世界と通じるものがあると思いました」という小出。具体的に聞くと、「人気がないとダメだというところですね。女芸人のライブって男性客のファンが多いのですが、女子プロレスの試合会場の客層も同じで、雰囲気が似てるなと思いました。それと、こっちは芸で勝負して、プロレスは力や技で勝負してるという世界が似てると思って、すぐ感情移入できました」と語る。

また、下積みの練習生と若手芸人という、成功を夢見る立場としても共感できたそう。「VTRの中で、美子さんが『最後に体を張ってみようと思って、プロレスをやろうと思ったんです』と言ってるのですが、それがカッコいいなと思ったんです。私も、最後の最後になったら、とにかく自分を丸裸にしてさらけ出してステージに立つなと思って。“自分はまだ諦めてないんだ”っていう気持ちがすごく分かりました」。

そんな小出は、ナレーション収録を行う前に、美子さんと対面。直接話を聞き、メモを取って取材した。「私がお会いしたときはプロレスラーの姿だったんですけど、VTRでオフの姿を見て、あんなに苦しんでたんだというのを初めて知ったんです。お会いすることで勝手に知り合いだと思って、親近感を持つことができたので、より感情移入することができました」と、語り口にも反映されている。

実は、前回ナレーションを担当した『ママの仕事はショーダンサー』(18年5月6日放送)でも、主人公のミニーさんがダンサーとして働くバーレスク東京を訪れ、取材していた。番組のナレーターで、そうした行動を取る人は珍しいが、「現場を目に焼き付けておきたいんです。モノマネをやる時も、対象の人のことをいろいろ調べたいタイプなので、ついメモを取ってしまいます」と、この仕事にかける熱さが伝わってくる。
○■収録後に意気投合! 2人で食事へ

そうした経緯もあって、ナレーション収録のクライマックスでは、原稿を読みながら、思わず涙を流す姿があった。前回の収録でも「『ザ・ノンフィクション』のナレーションをやる」という夢が叶った感動から泣いていたが、今回については「美子さんがお会いした時にすごく優しくていい人で、好きになっちゃったから、なかなか物事が思うようにいかない気持ちがすごく分かって…」と、思いがあふれ出てしまったそうだ。

今回の見どころを聞くと、「とにかく美子さんがすごくかわいいので、たくさんの人に見てもらいたいです。それと、32歳になっても諦めないで大きなものをつかもうとしている姿勢を見てほしいですね」と力説した。

この後、なんと美子さんが収録スタジオを訪ねてくるというサプライズも。2度目の対面となった2人はすっかり意気投合し、夜の街へ食事に出かけていくのだった。

●モノマネでネタに「怒られると思った」

小出が、『ザ・ノンフィクション』でナレーションをやることになったきっかけは、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の名物企画「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」だ。お笑い芸人のチャンス大城とコンビを組んで「『ザ・ノンフィクション』でよく見るようなシーン」を披露し、見事優勝したことから、当時のチーフプロデューサーと食事の場が設けられることになった。

だが、「絶対怒られると思ったんです。私たちがやったネタは『足立区物語』とか『ドタバタ山神家』とか、そんなの放送されてないんですよ。(テーマ曲の)サンサーラも勝手に流してイジっちゃってますし…」と不安を抱えていたそう。ところが、「お会いしたら『宣伝してくれてありがとう』って言ってくれて、びっくりしました」と予想に反して好感触で、ナレーションの仕事につながった。

「『ザ・ノンフィクション』でよく見るようなシーン」のネタは、もともと小出が1人でやっていたものだが、そのまま展開が難しいため、「細かすぎて―」に出場するにあたって、チャンス大城を誘ったのだそう。「『働かないおじさんの役をやってほしい』ってオファーしたら『失礼やな(笑)』って言いながらもやってくれて。でも、先にチャンスさんがナレーションをやることになったので、悔しかったです」と振り返る。

ちなみに、ナレーションの声とインタビューに応じる声は、雰囲気が大きく異なるが、「私、番組のファン過ぎて、“ザ・ノンフィクション風のナレーション”っていうのをずっとネタでやってたから、それが抜けないのかもしれないです。ちょっと声をかすれさせるっていうのがポイントなんですけど(笑)」とのことだ。

○■こんなに応援したくなるドキュメンタリーはない

そもそも、『ザ・ノンフィクション』を好きになったのは、孤独死した人の遺品整理などを行う“特殊清掃員”に密着した回を見たことがきっかけだ。「すごく踏み込んでるから本当に引きこまれちゃって、その後結婚までされたのを追っていたんです。1人の人生をこんなに応援したくなる気持ちで見られるドキュメンタリーってなかなかないと思って、入り込んでしまいました」と、すっかり番組のファンになった。

それから好きが高じてネタにするようになったが、「『ザ・ノンフィクション』のナレーションをやるって、芸能界のゴールだと思ってたんですよ。すごい人ばかりやってらっしゃるので、私の“いつか叶えたいことリスト”に入ってたんです。だから、売れてなきゃできないと思ってたのに、まさかモノマネがきっかけでできるなんて、本当に奇跡だと思いました!」と、いまだに興奮を隠せない。

あらためて、『ザ・ノンフィクション』の魅力を聞くと「毎回主人公が変わるので、今回はどうなるんだろうっていうワクワクもあるし、変に狙ってない自然体の姿を流しているから、見ごたえがあるのかなと思います。中毒性があって、癖になりますね」と教えてくれた。

●小出真保1982年生まれ、長野県出身。03年大東文化大学卒業。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジ)の「第23回細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で優勝し、『歌ネタ王2018』(MBS)では準決勝進出。12月14日放送の『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』にも出場する。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9224005