ドロ沼化した男女の騒動が“因習結婚の崩壊”を知らせた——「初夜」の暴露合戦が世間を賑わすまで

ノーベル賞候補の娘が「初夜」から逃げ出し“結婚解消”——「鳥潟静子の結婚解消騒動」とは? から続く

「女性としてあまりにも冷ややかすぎる」新しい縁談話が続々と

 その後も新聞には関連の記事が載る。「雑誌記者連が殺到の鳥潟邸 鳥潟隆三博士の京都市左京区神楽岡八番地の自宅へ、東京の婦人雑誌記者が殺到してゴッタ返しているほか、各方面の声明書、覚え書き、逆宣伝が乱れ飛んで、博士は無論のこと、当の静子さんや家人を悩ましている」(12月4日付大阪時事)

「憂悶の長岡学士に結婚申し込み 長岡浩君に夕刊既報のごとく、突如として優しい手が延べられた。この救いの主は男爵退役陸軍砲兵大佐籠手田龍氏長女敏子さん(21)で、京都府立某高女を卒業した才媛であるが」

「鳥潟静子さんのあまりに純理一点張りのやり方は、女性としてあまりにも冷ややかすぎるとて、長岡君の悲境に同情し、その結果、一人の女性として静子さんに代わり、長岡君の痛手を温かくいたわってやりたいと決心して、ここにこのめでたい新縁談が持ち上がったものとみられている」(同日付神戸新聞)……。


©iStock.com

「新婚初夜の寝室の秘密」に世間は釘付けに

 12月5日付大阪時事には「また新妻の結婚破棄」の見出しで、広島県の女性が神戸の会社員男性との結婚初夜、「(夫に)性的欠陥のあることを知り」、姿をくらましてしまったニュースが掲載されている。さらに同日付東京日日にはこんな記事が。

「結婚解消問題映画化 蒲田ではいち早くもこの青春の話題をキャッチして、佐佐木恒次郎監督で撮影中の『男性征服』のストーリーをすっかり鳥潟静子さんの事件に編集し直し、静子さんの役には飯塚敏子が扮して藤岡京子の名で、長岡青年には梶工学士として山内光が扮し、結婚解消是か?非か?を銀幕の上から若人に訴えるという」

 確かに、記事通りの松竹蒲田映画「男性征服」が1932年12月11日に公開されている。しかし、当時の「キネマ旬報」の日本映画紹介や日本映画批評を見ても、ストーリーは全く違って、研究者の恋人を献身的に支える女性の話。途中で内容が変更されたのだろうか。

 この「事件」の報道に対する世間の反応はすさまじかった。確かに新婚初夜の寝室の秘密が表に出ただけでなく、両家の暴露合戦になったのは、当時でなくても興味を引いただろう。12月4日付報知「まんだん社会時評」では、漫談家大辻司郎が「その日の床屋、お湯屋、喫茶店など、ちょっとこの話で持ち切ったです」と書いている。

「×××××を取り出して……」雑誌は初夜の会話を再現

 盛り上がったのは新聞以上に雑誌だった。週刊朝日12月11日号は「彼女の抗議書」の見出しで「事件」の経緯を説明。その中で初夜の2人の会話を再現している。

「寝室に入った二人はやがてベッドを共にしたが、いよいよ結婚の実を挙げるという時に、浩君が×××××を取り出して『これ知ってる?』と問うた。知らないと答えると、『いますぐに子どもができても、お互いに厄介だしするから、当分これを×××××しておこうよ……。冬にはスキーにも行けないしね』との言葉。

 不自然なことでもあり、何となく不安にもかられたので、『そんなことするのだったら、わたし父さんに相談してからにするわ』と答えると、『こんなことは夫婦のあいだで解決すべきことだ。うっかりこんなことを先生に話すと大変なことになる。僕、教室にいられなくなるかもしれない』と明らかに周章と当惑の色さえもうかがわれた。

 そこではじめて疑念を抱いて問いただしてみると、『実は……』というので、二年前卒業式の夜、級友たちとの祝酒に、その酔いにかられて初めて味わった——しかも、前にも後にもただ一度の——禁断の木の実に、童貞を失うとともに、静子さんの最も恐れている性病に感染したことを告白したのであった」

 鳥潟家側からの暴露情報であること間違いないだろう。「諸家の批判」では、元官僚で朝日の副社長を務め、終戦時には内閣情報局総裁になる下村海南(宏)が「男性への警鐘」と述べ、女性運動家の山田わかが「娘の言うことが正論」とし、男性の責任を追及して、静子を「待望の女性」と称賛している。

冷静に「親が定めた婚約というだけ」と答えた静子

 同日付発行のサンデー毎日は「結婚解消問題 裁かるる男性」の特集を組んだ。同誌では記者が、問題が公になった直後、静子にインタビューしていた。静子は初夜の「意外の告白」について問われ「性病にかかっていたのです」とはっきり返答。こう語っている。

「性病にかかるなんて人格の上の傷です。それも、性病にかかっていることを事前に打ち明けてくれるならばまだしも、あくまで隠し通そうという気持ちは耐えられません。挨拶状には、相手から自発的に性病のことを告白したようになっていますが、実は不自然な方法を用いようとしたので、私が変に思い追及したので、致し方なく打ち明けたのです。隠せるだけ隠そうというつもりだったのだと思います。

 性病だけなら許すこともできましょう。けれどもこうした行為を思うと、どうして将来を託すことができましょう」。記者に「長岡氏はあなたを愛してはいなかったのですか?」と聞かれ、静子は「好きでも嫌いでもなかったのです。親が定めた婚約というだけです」とも答えている。応答を見ても、聡明で冷静なことが分かる。

谷崎潤一郎は鳥潟に厳しい批評、歌人の柳原白蓮は強く支持

 同特集には父の鳥潟隆三や長岡浩、兄の誠の発言も載っているが、興味深いのは「偽らざる世評に聴く」と題して、そうそうたる人物に感想を聞いていること。

 作家の谷崎潤一郎は「『女性の自覚』何物ぞ」と、やや鳥潟家側に厳しい批評。同じく作家武者小路実篤は「双方の立場に無理はなかった」としつつ、「女性は早く結論に入りすぎた」と感想を述べた。作家倉田百三は「純潔であることは一つの理想だが、信頼することも一つの理想だ」とした。「敬服に値する行動」で「彼女の態度や良し」としたのはジャーナリストの長谷川如是閑。

 反対に「人任せにしていて、聞かなかったのはおかしい」と「彼女の態度や悪し」としたのが作家直木三十五。ほかに、歌人の柳原白蓮は「勇敢に女の立場から今度のような態度をとられたことを感心致しております」と静子の行動を強く支持するなど、百家争鳴の大騒ぎ。

当時の大学生が指摘した“鳥潟静子の重大な欠陥”

 婦人公論は1933年新年号で「結婚解消問題是非」を、声明書、覚え書き、挨拶状、診断書などの関係書類も含め、堂々17ページにわたって展開している。冒頭、同誌編集長か編集部員と思われる筆者が「総論」として「当事者はもちろん、皆がこの結婚に対して不忠な態度であったと結論されても仕方がないわけである」と正論を述べている。

 当事者としては、面会に鳥潟家側の同意が得られなかったとして、本人、父、兄と長岡家側の文章しか載せていない。それにしても、“売られたけんか”を家の面目を守るために買ったとしても、長岡家の人々の饒舌ぶりには驚く。

「結婚解消問題の批評」として、大学生の男女に意見を聞いているのがユニーク。中では、日本女子大の学生の「本当に愛していたら」という文章が目立つ。「男性が処女性を欲すると同じく、女性もまた童貞を要求する権利があって然るべき」としつつ、「鳥潟さんの態度には重大な欠陥があります。たとい親の定めた結婚でも、根本的に愛がなかったのなら、結婚を承諾した鳥潟さんも悪くないとは言えますまい」と指摘している。

問題の本質を掘り下げないメディアへ批判も

「結婚解消問題是非」には著名人も寄稿しているが、その中でプロレタリア作家・細田民樹の「問題はこれからだ」という文章が、全体像を描き出しているように思える。現在と同様、興味本位に騒ぎ立て、問題の本質を掘り下げようとしなかったメディアへの批判にもなっている。

「この結婚を再三懇望したのは、新婦静子さんの父君鳥潟博士だった」「長岡家がいわゆる素封家であり、財産家でもあるから、『娘の幸福のために』そういう家と結婚させることを博士は切に望んだのに違いない」

「新郎長岡浩氏は『将来学位を得んとする下心があり、たとえ自分の言い分があっても、事を荒だてることは恩師に弓を引くことになり、学位獲得の際、非常に不利であると考えた』と言っている。これをもってみても、鳥潟博士が『他にいくつか結婚の話もあった』長岡氏へ、強いて自分の娘に懇望した動機には、先方の人物本位でなかった不純なものが感じられると同時に、一方の長岡氏にも『学位』その他の打算があったことが明らかである」……。

「愛のない」因習結婚に一石を投じた“解消問題”だった

 この問題についての世間一般は、やはり鳥潟静子と鳥潟家に対して厳しい見方が多かったといえる。細田も「きのうきょうの各新聞に表れた諸家の意見を見ると、多くの人は、鳥潟静子さんの『夢の深さ』を笑い、いまの男性に童貞を求める処女の『理想の甘さ』をけなしている。しかし、彼女があたかも『天国に結ぶ恋』(同じ年に起きた男女の心中事件)を求めているようにけなしている多くの男性が、実は彼女に劣らないプチ・ブル性をもっていて、男性のことは棚に上げ、結婚には『処女』を求めているのである」と書いている。

 さらに続く。「たとえ、静子さんのとった当夜の行動に、ヒステリックな、あるいは気質的性格的なものがあるにせよ(私はこの『令嬢』にはそれがかなりあると思うが)、在来の結婚問題に一つの石を投げたのは事実だと思う。たまたま当事者たちの社会的地位が、この問題をジャーナリズムの潮に乗らせたのだが、『愛のない結婚』は、ことに日本ではざらであり、その因習結婚の破綻の一つがああいう形をとったまでのことだ」

【参考文献】

▽橋川文三「日本の百年 7 アジア解放の夢」 筑摩書房 1978年

(小池 新)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/trend/1128/bso_191128_3155635821.html