元ももクロ有安杏果の結婚相手が問われる「精神科医としての倫理」

 元ももいろクローバーZのメンバーで、現在はシンガーソングライターで写真家の有安杏果が11月24日、公式サイトを通じて結婚を発表した。お相手は、今年2月に「FRIDAY」のスクープで交際が発覚した、メンタルクリニックで院長を務める精神科医・K氏だ。実はK氏、有安の所属事務所の社長でもある。

 この報にネット上では〈元ももか推しです。すっかり冷めてます〉〈あれだけファンだったのに。こんなにも人って冷める時は一瞬なんだと思う〉など、“推しやめ宣言”する多数の書き込みが。また、昨年一般男性と結婚した早見あかりの時は、ももクロメンバーが公式サイトで祝福メッセージを掲載したが、今回はないことへの指摘もあった。

 結婚相手が、もともと有安の担当医師だったことから〈患者に手を出し、個人事務所の社長になって、自社の商品に手を出すんだもんなぁ。そら、非難くるし、関わりたくないわな〉など医師としてのモラルを指弾する意見も多く見られた。

「2人の恋を“転移性恋愛”ではないかと指摘する医師もいます。これは、患者が精神科医に心をさらけ出し、治療を受ける過程で恋と錯覚してしまうことです。米国の一部の州では“医師と患者間の性的または恋愛的な交流は、双方のあるべき関係を損ない、患者の弱い立場が悪用される可能性があり、医師の客観的な判断を鈍らせる可能性がある”として、医療倫理違反のみならず法律違反に問われるほどです。K氏は所属事務所の社長となり利害関係も生まれている。医師としてのモラルを問われるのは致し方ないと思います」(医療ジャーナリスト)

 近影は“激やせ”も心配されている有安。今後の活動がどうなるのかも心配されているようだ。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1129/asg_191129_2870436829.html