国山ハセンアナ、結婚相手に求める「コンビニ行く時もおしゃれを」 高嶋ちさ子は一蹴

TBSの国山ハセンアナウンサー

写真を拡大

 TBSの国山ハセンアナウンサー(28)が25日放送のTBS「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」(月曜後8・00)に出演。「結婚相手に求めること」を披露し、女性共演者から意見される場面があった。

 その「求めること」とは「コンビニに行くときにもおしゃれをする」というもので、「一歩外に出たら、見られているという意識があると思うので、基本的におしゃれをして出かけた方がいいと思う」と私見。また、自身は「ファッショニスタになりたいタイプ」と明かし「外出する際は革靴がいいと思っている。女性も隣で歩く場合は、ハーフパンツやスウェット生地のもの、サンダル。そういうものであんまり歩いてほしくない」と訴えた。

 独自のこだわりに、MCを務めるバイオリニストの高嶋ちさ子(51)は「めんどくさい人ね」と一蹴。さらに、同アナが午前4時出社時に、ビジネススーツで革の靴とカバンで決めていることが分かると「TBSの男性アナウンサーって“アイラブミー”が多い」と指摘した。

 それでも「一緒に歩くんだったら、お互いにおしゃれな方がよくない?」と、意見を崩さず。そこまでおしゃれを追い求めるきっかけは、かつて写真週刊誌でプライベートの様子を激写されたことだという。ファストファッション姿だったことを悔やんでいるようで「私の中で、写真週刊誌に撮られることがあれば、かっこよく撮られたかったというのがある。普段もおしゃれだと思われたい」と説明していた。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1126/spn_191126_6873491613.html