“国民の愛人”橋本マナミが結婚 13歳デビュー、不遇の時代乗り越え一躍ブレイク【略歴】

橋本マナミ(C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/11/27】女優の橋本マナミ(35)が27日、自身のブログにて一般男性との結婚を発表。ここでは、橋本のこれまでの活躍をまとめる。

◆橋本マナミ、13歳でデビューから不遇の時代を乗り越える

橋本は1984年8月8日生まれの山形県出身。1997年に「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で演技部門賞を受賞し、芸能界入りを果たす。

その後、豊満な美ボディを活かし、グラビアモデルとして活躍するものの、日の目を浴びず、苦労したことも。

しかし、2010年頃から大人びた色気を漂わせるその姿に“平成の団地妻”“愛人にしたい女No.1”などの強烈なキャッチコピーもつけられ、一躍ブレイク。

さらにNHK連続テレビ小説「まんぷく」や、映画「マスカレード・ホテル」に出演するなど、活躍の場を広げている。

そのほかバラエティー番組にも登場しており、11月13日に放送された「ベストヒット歌謡祭2019」(読売テレビ・日本テレビ系)では、フリーアナウンサーの宮根誠司とともに司会を務めていた。

◆“国民の愛人”橋本マナミ、漂う色気で男女問わず支持集める

グラビアのみならず、女優やタレントとして多岐にわたって活躍している橋本。

“国民の愛人”という異名も持ち、凛とした顔立ちと豊満美ボディから漂う色気は、男性からの支持はもちろんのこと、女性にとっても憧れとなっている。

◆橋本マナミ、一般男性と結婚

橋本はブログにて、「私、橋本マナミは兼ねてよりお付き合いしておりました一つ年下の一般男性の方と本日入籍致しました」と年下の一般男性との結婚を発表。

「結婚後も変わらず今まで通り頑張っていきたいと思っております。これからも応援していただけたら嬉しいです」と結んでいた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1127/mod_191127_5753538822.html