小籔とドラムス松田の意外なエピソードも! THE BACK HORNのスペシャルライブ

小籔千豊が新MCをつとめ、“ライブ音楽とビールが生み出すゆたかなひととき”をテーマに、あなたのすぐそばで素敵なアーティストたちが生ライブで生きた音楽を届けるTOKYO FMの番組「KIRIN BEER “Good Luck”LIVE」。11月23日(土・祝)の放送には、4人組バンドのTHE BACK HORNが登場しました。


(左から)岡峰光舟さん、山田将司さん、小籔千豊、松田晋二さん、菅波栄純さん

THE BACK HORNは、ボーカルの山田将司さん、ギターの菅波栄純さん、ベースの岡峰光舟さん、ドラムスの松田晋二さんからなる4人組バンド。ヒリヒリした爆音のオルタナティブロック的サウンドとエモーショナルなボーカルで、熱い楽曲を聴かせるバンドです。昨年で結成20周年を迎え、長く支持され続けています。今年10月23日(水)には12枚目のアルバム『カルペ・ディエム』をリリースしています。

結成20周年ということで、MCの小籔が「今ではこんなビッグネームになって、デビュー当時のことを考えたら感慨深いんじゃないですか」と尋ねると、松田さんが「最初の頃は10代後半だったので、世の中との接し方がわからなくて、“人と関わらずに音楽だけやってればいいんじゃないか”みたいな。でもそうじゃないんだなと、“いろんな人達とつながりながら、いろんな人達に聴いてもらうことで、自分たちが存在する”っていう、そういう年月でもあったなあと思います」と振り返りました。

「いつも通りのライブをやりたい」と語る彼らは、2012年のアルバム『リヴスコール』収録の「シンフォニア」からスタート。ヘヴィなオルタナロックサウンドと、山田さんの真摯なボーカルで押していきます。次曲の「罠」もエッジの尖ったギターを軸とする演奏が迫力たっぷりです。

ボーカルの山田将司さん

続いて最新作『カルペ・ディエム』から「心臓が止まるまでは」を披露。ピアノやエレクトロが入ったカオスなサウンドを、スリリングに聴かせていく曲です。4曲目の「美しい名前」はクールダウンの静かなバラード。センチメンタルなメロディーを繊細に歌い、聴き手を惹きつけます。

後半になると「もう残り少ないよ! まだまだ盛り上がっていこう!」と叫び、これも新作からの「太陽の花」。エレクトロを入れた演奏やオリエンタルなメロディー、間奏での合唱コーラスなど、斬新な要素満載な曲です。

そして、山田さんが「また会いましょう! また生きて会えるか!」とシャウトして、彼らの代表曲「コバルトブルー」へ突入。山田さんの熱いボーカルとギターサウンドが一体となって突き進んでいき、観客も一番の盛り上がり。ラストは「刃」をエネルギッシュな演奏と歌で締めて、ライブは終了しました。

恒例の乾杯の後、小籔はドラムスの松田さんと以前に共通の知り合いの結婚パーティーで意気投合し、約3時間飲み続けたというエピソードを披露。2人は「小田原(駅)の待合室で、ほんまにビール何本開けたかなって」「あのときのビール、すげえうまかったんですよ」「僕もほんま平成で一番うまかったビールのベスト3ですね」「やっぱりお酒と人ですね」と楽しそうに語っていました。

THE BACK HORNのベスト的な選曲で、熱いロックをたっぷり味わえるライブとなりました。

7曲を披露したTHE BACK HORN

Set List
1.シンフォニア
2.罠
3.心臓が止まるまでは
4.美しい名前
5.太陽の花
6.コバルトブルー
7.刃

次回11月30日(土)の放送は、独自の視点で切り取った歌詞が魅力のシンガーソングライター・コレサワさんが初登場。お楽しみに!


—————————————————-
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年12月1日(日)AM 4:59 まで
スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
—————————————————-

<番組概要>
番組名:KIRIN BEER“Good Luck”LIVE
放送日時:毎週土曜16:00~16:55
MC:小籔千豊
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/live/

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9223288