愛子さま18歳の“内面”と“将来の公務” 天皇の娘たちの「恋愛と結婚」は何を変えたのか?

 12月1日、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまは18歳の誕生日を迎えられた。来春からは大学に進学される愛子さまについて、象徴天皇制を研究する名古屋大学大学院人文学研究科准教授の河西秀哉氏は、「愛子内親王へのメディアや人々の関心は続いている」と分析する。


愛子さま18歳のお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

天皇・皇太子の娘たちの「恋愛と結婚」

 戦後の象徴天皇制においては、女性皇族は特に注目を浴びてきた存在だった。特に天皇・皇太子の娘たちは、それだけに報道もされやすく、その行動や思考から世間が受けたインパクトも大きかった。

 昭和天皇には5人の娘たちがおり、戦後、三女の孝宮和子(たかのみや・かずこ)内親王は誰と結婚するのかが話題となった。しかし、1947年の11宮家の皇籍離脱や華族制度の廃止に伴って、相手をどうするのかが大きな問題になる。日本国憲法が施行されたことにより、それまでのように家と家とが決めた結婚ではなく、24条の両性の合意にのみ基づいた結婚が人々の理想となりつつあった状況のなか、最終的には藤原氏の流れを汲む五摂家の一つである鷹司家の鷹司平通(たかつかさ・としみち)が和子内親王の婚約者として内定したことが1950年1月に発表される。

 鷹司は元公爵家の嫡男とはいえ日本交通公社に勤めるサラリーマンで、天皇の娘が民間に嫁ぎ生活することへのインパクトは大きかった。「象徴」となって、天皇制のあり方が変わったと見られたのである。そして、内定発表から結婚まで、2人が頻繁に会っていることがメディアでは報道された。つまり、女性皇族が一般の人々と同じように恋愛・交際をしていると人々に印象づけたのである。

 翌年には四女の順宮厚子(よりのみや・あつこ)内親王の婚約が発表された。相手は岡山で牧場を経営する旧岡山藩主家・元侯爵家の池田隆政であった。旧摂関家と結婚した孝宮よりも人々に近い存在と見られた。和子内親王と同じように厚子内親王の結婚もメディアで多数報道された。

 五女・清宮貴子(すがのみや・たかこ)内親王も1959年3月、旧日向佐土原藩主家・元伯爵家の島津久永との婚約が発表される。その前に行われた成年皇族になるに当たっての記者会見で貴子内親王が「私が選んだ人を見ていただきます」と発言し、「恋愛結婚」との印象を与えた。貴子内親王は結婚会見での明るい様子や結婚後のメディアへの露出など、それまでの皇室にはない新しさを印象づけた。つまり、昭和天皇の娘たちは、象徴と変化した天皇制の「民主化」を示す存在だったと言える。

「紀宮さまの夫選び」 どこか近い存在の黒田清子さん

 明仁天皇の長女紀宮清子内親王は、子どものころからその成長がテレビや週刊誌などの新しいメディアを通して伝えられてきた。

 ボランティア、動物との交流のほか、アニメなどのサブカルチャーにも詳しいと報じられたこともある。皇族という一般国民とは異なる立場にありながら、どこか近い存在、そうした位置づけを紀宮は示していたのではないか。

 そして結婚相手として東京都庁職員の黒田慶樹氏が発表されたが、黒田家は元華族ではない。そうした意味で、同じ内廷皇族の女性の結婚の前例である昭和天皇の娘たちとは異なっている。こうした状況から、例えば「AERA」2004年11月29日号は「ブランド婚より『わたし流』 紀宮さまの夫選び」とのタイトルを付した記事を掲載し、あくまで清子内親王が自分の意思で相手を決めた結婚だと捉えられた。自分らしさを追求する新しい時代の状況に合った、より私たちに身近な存在になったと考えられたのだろう。

愛子さまの「肉声」が人々に伝えられた意味

 では、徳仁天皇の長女敬宮愛子内親王はどうだろうか。2001年12月1日に徳仁皇太子、雅子皇太子妃の長女として生まれた愛子内親王は、皇太子一家の一人っ子として、それまでの内親王以上に生まれた時から注目を浴びていた。

 2004年9月には父親の徳仁皇太子が愛子内親王を撮影したビデオが公開されたことがある。これはある時期、愛子内親王が自閉症の疑いがあるのではないかとメディアで騒がれ、それへの対応ではなかったかとも言われる。「パパ」と呼びながら遊ぶ愛子内親王の姿が映し出された映像からは、一般的な家庭と同じ親子の姿を読み取った人々は多かったのではないか。

 それまでの皇室映像は、例えば『皇室アルバム』のように、映像にアナウンサーのナレーションが付されることが多く、皇族たちの日常の声が(語りかけること以外で)人々に届くことは数少ない。しかし愛子内親王は、子どもの時からその声がメディアを通じて人々に伝えられる女性皇族だったのである。

「愛子天皇待望論」の水脈はどこにあるのか

 また、2005年から2006年にかけては小泉純一郎内閣が女性天皇・女系天皇容認に向けた有識者会議を開催したが、これは愛子内親王の即位を前提としたものであった。悠仁親王が生まれる前まで、いずれ愛子内親王が天皇にならなければ天皇制は立ちゆかなくなるという雰囲気があったとも言える。こうした状況は、現在の愛子天皇待望論や女性天皇・女系天皇を容認する世論の水脈になっているように思われる。

 学習院初等科在学中の2010年には、学校内でのトラブルに起因する不登校が報道された。こうした問題は、学級崩壊、不登校などが問題視された社会の状況とも符合する。その意味でも、私たちと同じ問題を共有する女性皇族として、愛子内親王への注目はさらに高まっていた。雅子皇太子妃の適応障害という病気も、ストレスを多く抱える現代社会特有の問題として捉えられる。皇太子一家は、まさに人々と同じように苦しみを抱えながら日々の生活を送る存在であった。

愛子さまの人物像 「世界の平和を願って」

 その後も愛子内親王へのメディアや人々の関心は続いている。2016年12月に15歳の誕生日に際して公開された映像では、それまでよりも痩せた愛子内親王の姿が映し出され、週刊誌などでは摂食障害ではないかとの報道が相次いだ。その後、見た目が以前と同じようになったためにそうした報道は止んだものの、こうした状況もまさに現代社会の人々が抱える問題を女性皇族すらも抱えているものとして捉えられた。

 一方、愛子内親王の人物像などについても報道がなされ、人々の注目を浴びている。学業成績は常にトップクラスであることはたびたび記事となっている。また、2017年3月に学習院女子中等科を卒業した際に発表された卒業文集の作文「世界の平和を願って」は大きな反響を呼んだ。広島の原爆ドームを訪れた時の体験を基に、〈「平和」は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから〉と書かれたこの作文からは、慰霊の旅を続ける「平成流」の天皇制のあり方が愛子内親王に伝わり、内面化されたことを示している。

 令和となり、愛子内親王は天皇皇后を両親とする唯一の子どもとなった。2020年3月には学習院女子高等科を卒業し、大学へ進学する。その時、また大きく注目されるものと思われる。そして、数年後に成人になった時、公務を担う存在となる。時代にあった、そして愛子内親王らしい公務とは何か。それが今後、模索されていくのではないか。

(河西 秀哉)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1201/bso_191201_0082257944.html