橋本マナミ 結婚後のグラビア活動に「話し合い何度も」「男性としては複雑だと思う」

橋本マナミ

写真を拡大

 27日に結婚を発表したタレントの橋本マナミ(35)が29日、フジテレビ「とくダネ」(月〜金曜前8・00)に生出演。結婚後の仕事について夫と何度も話し合いをしたと明かした。

 この日、番組では結婚を祝福される中、橋本と夫による“婚前契約”の(1)女優OK(2)グラビアOK(3)朝の見送りなし——の3カ条が話題に。

 橋本は「やっぱり、同じ業界じゃない方だとグラビアであんなセクシーな格好をしてほしくないとか言われてきたのが20代だった」と告白。「仕事を頑張りたいということで理解してほしかったので話し合いを何度も重ねた」と明かした。

 続けて「男性としては複雑だと思う。でも『好きな仕事でやりたいなら、やってもいいよ』って言ってくれた」と振り返った。

 すると、同番組でMCを務めるキャスターの小倉智昭氏(72)が「僕だったら、グラビアの仕事に行くって言ったら、鍵かけて(家から)出しませんよ」とジョークを飛ばし、スタジオが笑いに包まれた。

 橋本は27日のブログに直筆メッセージを掲載。お相手は1歳年下の勤務医。ブログには書面を掲載し「30代半ばになり、結婚を意識した時私のこれまでの人生も肯定しつつ、仕事を理解し将来を共に歩める素敵な方と出会いました」と報告していた。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1129/spn_191129_0628318064.html