橋本マナミ、初デートで「結婚を前提に」 結婚の決め手と婚前契約秘話

グラビアアイドルで女優の橋本マナミ(35)が、29日生放送のフジテレビ系情報番組『とくダネ!』(毎週月〜金8:00〜9:50)にゲスト出演し、1歳下の一般男性との結婚をあらためて報告。出会いのきっかけと結婚の決め手を明かした。

橋本はお相手の似顔絵を披露し、「結構童顔なんですよ。1つ下なんですけど、すごく若く見えて一緒にいると弟みたいな感じに見えるんですよね」と説明。「毎年のクリスマスに、暇だったので同級生の独身男女8人くらいでお食事会をしてたんですよ」と独身時代を振り返り、「いつも知っている人しか来ないんですけど、気を利かせた男友達が連れて来てくださってそこで知り合いました」と出会いを打ち明けた。

「みんな騒いでても1人だけ静かに微笑んでいる感じだったので、すごく誠実そうな雰囲気が良かったです」と第一印象も良かったようで、出会いから2週間程で「向こうから来てくれました。私から行くと空回りすることが多くてあまりうまくいかないので待ってたんですよ。そしたらメールをくださって」と熱烈なアプローチを受けたという。

「初デートから『結婚を前提に付き合ってください』と言ってくれたんですよ。その男の覚悟がすごく私の心に響いて」と結婚の決め手にも触れ、「30代半ばだと無駄な時間を過ごしたくないので、はっきりと分かりやすいところがすごく良かったです」と幸せそうな笑顔を見せる。

また、「女優OK」「グラビアOK」「朝の見送りなし」の婚前契約も話題の橋本。「同じ業界じゃない方だと『グラビアであんなセクシーな格好してほしくない』とか言われて来たのが20代で結構多かったんですよ。私は仕事を頑張りたくて理解して欲しいので話し合いを何度も重ねて」と語り、「やっぱり男性としてはすごく複雑だと思うので」と理解を示しつつ、「『好きな仕事やりたいならやってもいいよ』と言ってくださいました」と感謝する。

ちなみに、「朝の見送りなし」は、「相手が勤務医なので、すごく朝が早くて」という理由から。「私もお昼ぐらいから夜遅くまで仕事があったりするので、そういう時は寝させて頂いているんですけど、余裕がある時はちゃんと起きます」と私生活の一面をうかがわせた。

“国民的愛人”のキャッチフレーズでグラビア界を席巻した橋本。今後について聞かれると、「私的にはやりたいですけど、誰も求めてないかもしれないので」とためらいつつ、「また人妻として新たな仕事をしていきたいと思います」と意気込んでいた。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1129/mnn_191129_1634676281.html