武田真治、オリンピックイヤーに結婚宣言「来年は身を固めたい」

 11月20日、横浜市で「ピーターラビットカフェ 横浜ハンマーヘッド店」プレスイベントが行われ、タレントの武田真治(46)が出席した。

 ピーターラビットとお揃いの、青いジャケット姿で登場した武田は「イベントに呼ばれると、たいがいタンクトップになってくれとか、腕立て伏せをしろと言われる。それは無くていいんですか?」「ピーターラビットは、第1巻で早々にジャケットが脱げてしまう。脱げてからがピーター、僕も服が脱げてからが武田」とジョークを飛ばし、報道陣は大笑いだった。

 今年やり残した事について聞かれると、武田は「おこがましいが、大晦日に紅白で(サックスを)演奏させていただけたらな…」「去年紅組で演奏したが、(人生1度は)白組でも演奏してみたい」と、オファーを心待ちにする様子を見せた。加えて、来年へ向けて「加藤浩次さんに、『東京オリンピックで日本中が浮かれている時に結婚できなければ、一生結婚できないぞ!』と言われた」「来年は身を固め、新たな芸能生活を頑張りたい」と、宣言した。

 武田はピーターラビットが大好きだといい、その世界観を味わえるカフェを「横浜は身近に来れる素敵な場所。異国の雰囲気が溢れるカフェで、忙しい毎日の中でひと時の憩いの時間を設けてください」と、笑顔でアピールした。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1120/abt_191120_4638738553.html