波瑠、“悪いことしない女の子”役に「安心しました」

女優の波瑠が10日、都内で行われた主演ドラマ『G線上のあなたと私』(10月15日スタート、TBS系 毎週火曜22:00~)のプレミアム試写会&舞台挨拶に、中川大志、松下由樹とともにが登壇した。

いくえみ綾による同名漫画を原作とするこのドラマは、大人のバイオリン教室を舞台に繰り広げられる世代を超えた友情とちょっと切ない恋の物語。寿退社間近に婚約破棄され、仕事も結婚も失う主人公・也映子を波瑠が演じ、也映子が通い始めた大人のバイオリン教室で出会うイケメン大学生・加瀬理人を中川大志、そして、もうひとりのバイオリン教室仲間の主婦・北河幸恵を松下由樹が演じる。

同じく、いくえみ綾原作×波瑠主演で2017年4月期に同枠で放送された『あなたのことはそれほど』の制作陣が集結した本作。『あなそれ』で不倫してしまう主人公を演じて話題を呼んだ波瑠は、「安心しました。也映子みたいな素直で悪いことしない女の子の役もやらせてもらえるんだと思ってすごく安心しました」と安堵の笑顔を見せた。

また、「2日前くらいに完成したものを見て、出ているくせにとても楽しく見られて、早く第1話の放送にならないかなってすごいワクワクしています」と心境を語り、「街のどこかに音楽教室があって、私たちみたいな3人が支え合いながら、お互いの人生を豊かにしていくような影響をもらったり与えたりし合っている、素敵な環境がどこかに本当にあるのかもしれないと思いながら、楽しんでいただけたらうれしいです」とメッセージを送った。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9088195