秋篠宮さま、54歳に=新時代も「国民と苦楽共に」—眞子さま結婚「話す機会ない」

 秋篠宮さまは30日、54歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、東京・元赤坂の赤坂東邸で記者会見に臨んだ。令和となり、新しい時代の皇室像について、平成の皇室のように「国民と苦楽を共にし国民の幸せを願いつつ務めを果たしていく」ことが基本と明言。「時代に即した在り方というのは、常に考えていかなければいけない」とも述べた。
 皇位継承順位1位の皇嗣となり、将来、高齢で即位する可能性があることを問われると、「一人間がどの段階で何ができるかというのは、個体差になりますので、随分人によって違うのではないか」との考えを示した。
 平成の間は同妃紀子さま(53)と会見していたが、代替わりに伴い単独での会見となった。長女眞子さま(28)の結婚の見通しについては、結婚関係儀式の延期発表から来年2月で2年となるのを機に「何らかのことは発表する必要がある」と述べた。眞子さまとは「結婚のことについては話をする機会はありません」「小室家とは連絡は私は取っておりません」と明かした。
 即位の礼や大嘗祭については、「無事に終わったことを安堵(あんど)しています」と感想を述べた。前回、平成の「即位礼正殿の儀」の際は、隣にいる兄の天皇陛下の所作を見ていればよかったが、今回はそうはいかず、「その辺りは少し緊張しました」と述べると、会見場で笑いが起きた。
 宗教色の強い大嘗祭への国費支出について、昨年の会見で、天皇家の私費である「内廷会計で行うべきだ」と発言。「今も昨年お話しした時と気持ちは変わりません」と強調した。 

[時事通信社]

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1130/jj_191130_6431767852.html