秋篠宮さま54歳、皇嗣に「少しずつ進歩していくことは大事」

 秋篠宮さまは30日、54歳の誕生日を迎え、これに先立ち赤坂御用地(東京都港区)内の赤坂東邸で記者会見に臨まれた。5月の天皇の代替わりに伴い、皇太子待遇の皇嗣(こうし)となったことについて「私自身は個体としてずっと連続している。ただ、少しずつ進歩していくことは大事なことで、一つ一つ進めていければ良い」と抱負を語られた。

 秋篠宮さまは、即位関係儀式の即位の礼や大嘗祭(だいじょうさい)に皇嗣として臨んだ感想を「前回(平成時)は私の隣に今の陛下がおられて、所作が分からなければ隣を見ていればいいという感じがあった。今回は、他の参列者は私に合わせるだろうと。少し緊張しましたね」と立場の違いをユーモアを交えて語られた。

 昨年の誕生日会見では大嘗祭への公費支出を疑問視する発言をされ、議論を呼んだ。今年の記者会見では「昨年お話しした時と気持ちは変わりません」と述べるにとどめられた。

 長女眞子さま(28)と小室圭さんの結婚については、現状では婚約は難しいとした昨年の発言を踏まえ、「変わっておりません」と話された。2020年に延期すると公表してから来年2月で2年になることに合わせ、「何らかのことは発表する必要がある」との考えを示された。眞子さまとは「結婚について話をする機会はありません」とし、小室家とも連絡を取っていないことを明らかにされた。

 お茶の水女子大付属中1年の長男悠仁さま(13)の教育方針を巡っては、日本各地の文化や自然環境を知ることが将来的に有意義として「国内のいろいろな場所を訪ねてほしい」と語られた。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1130/ym_191130_6002747754.html