結婚でキャリアを放棄する? すれ違いカップルの行く先に共感と涙

新木優子

女優の新木優子が主演を務めるドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)の第7話が28日に放送。恋人同士になった後の価値観、そして結婚観の差異が原作にはないオリジナル回として描かれ、SNSでは共感の声が相次いでいる。

■恋人同士になった”その後”

晴れてマコチ(高良健吾)と両想いになったユリカ(新木優子)は、彼が隣にいることに幸せを感じていた。「俺たち付き合うことにしたんで! ご心配おかけしてすみませんでした!」と同僚たちに報告し、幸せオーラ全開の二人。

一方で女性を幸せにし、自らも幸せである人に贈られる「ハッピーウーマン2019」に選ばれたさくら(山口紗弥加)はお祝いしたいというユリカに、パーティーがしたいとリクエスト。その会話をきっかけに、二人はホームパーティを開くことになった。

関連記事:元カレのハンカチから高級柔軟剤の香りが… 「知らなかった真実」に動揺

■価値観のすれ違い

パーティにはチロリアン不動産の面々、山下(浜野謙太)、むぎ(田中みな実)、そしてなぜか千鶴(趣里)まで参加。むぎは過去に山下と千鶴がキスをしている現場を目撃しており、どんな人か知りたかった為呼んだことをユリカ達に告白する。

お酒が進むにつれ、山下とむぎの結婚の話になると、互いの仕事を気にして微妙な雰囲気になる二人。「元サヤ」であっても結婚はまた別! とユリカがフォローするも同じく元サヤである自分たちがどうなのかと考えてしまうマコチ。

「今は結婚とかそういうの考えられないかなあ」とむぎが締めたのをきっかけに、それぞれが微妙にすれ違っていることが浮き彫りになってしまう。

■誰かの幸せは誰かの地雷

遅れて登場したひろ美(ガンバレル—ヤよしこ)と話す機会を得たマコチは、ユリカの「頑張り屋なところ、明るいところ、笑顔もかわいいし。だけど、本当はすごい繊細で悩みやすい子だから、そういうところ守らなきゃと思っています」と現在の心境を吐露。

以前彼の不誠実な態度に怒っていたひろ美は、この言葉に少し胸をなでおろしていた。

その後さくらの初恋相手、駒込も参戦し、結婚、出産、仕事についての議論は更に白熱していく。その状況に疲れたさくらは、「誰かの幸せは誰かの地雷」であると実感。

子供ができない家庭も、結婚を選ばないカップルもいる。こういった会話は、知らず知らずのうちに誰かを傷つけているのかもしれない…。様々な思いが渦巻き、夜は更けていくのであった。

■それぞれが進む道とは

その後、互いに愛し合っているが相手の人生を尊重したいと考えた山下とむぎは別れることを決意する。山下は東京で、むぎは北海道でそれぞれの生きる道を選んだ。

二人を見て何か思うことがあったのか、将来を真剣に考えたいと言い出すマコチ。「タイミングとかそういうことでユリカとのこと決めたくない」そんなプロポーズに等しい言葉を投げかけられ、どこか複雑な表情を浮かべるユリカ。元恋人から脱却した二人が歩む道とは一体…?

■恋愛あるあるに共感の嵐

このもどかしくも現実的な展開にSNSには「あるあるすぎる」と共感の声が相次いだ。また、結婚することによって片方のキャリアが無になってしまう問題に「恋愛難しすぎ」「切なすぎて涙ボロボロ出た」「しんどい」と考え込んでしまう視聴者も見受けられた。

■両想いになることがゴールではない

食事の順番やお箸の置き方、着るものへのこだわり等、生活習慣のすれ違いがさりげなく描かれ、今後のカップルたちへの不安を覚えさせる演出が特徴的な第7話。原作にないオリジナルと言えど引き込まれるものがあり、特に女性ファンの心を動かした点が多かったのではないだろうか。

終盤ではまさかの白井(関口メンディー)とさくらがいい雰囲気になり、更にライバルが登場するなどまた一波乱が起こりそうな雰囲気を醸し出した本作。最終章もリアリティあふれる恋の展開に期待したい。

・合わせて読みたい→住む家を追われた元カレがとった行動にドン引き 「都合がよすぎる」

(文/しらべぇ編集部・AKO

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1129/srb_191129_7032308999.html