結婚を祝わなくて悪いか‼『まだ結婚できない男』第8話あらすじ※ネタバレ※

『まだ結婚できない男』第8話のあらすじを紹介します。桑野信介(演:阿部寛)の部下、英治(演:塚本高史)が遂に結婚!結婚に否定的な桑野が、結婚式で主賓のスピーチを頼まれてしまいます。結婚を祝いたくない桑野が、お祝いのスピーチをする事ができのでしょうか!?桑野の否定的な結婚観が今回も炸裂します。

激しい恋には“障害”がつきもの!『まだ結婚できない男』第7話あらすじ※ネタバレ | 海外ドラマboard

8話:「結婚を祝わなくて悪いか!!」

桑野信介(演:阿部寛)は、SNSをはじめようとしますが、何の写真を投稿していいか分かりません。
まずは写真映えのするパエリアを作って、写真の撮り方にもこだわります。

有希江(演:稲森いずみ)のカフェでは、英治(演:塚本高史)と桜子(演:咲妃ゆみ)が結婚式の計画を立てていました。
一方、まどかは泥沼の離婚裁判を取り扱っていました。。
英治たちは、結婚に否定的な桑野が結婚式に来るかどうかのウワサ話をします。
すると、ちょうど店の外で桑野が中の様子をうかがっていました。

桑野の否定的な結婚観

桑野は、英治たちに近場で挙式するなら検討しようと答えます。
ハワイで挙式をされてすぐに別れたりしたら、海外まで祝いにいった負担をどこに八つ当たりしていいのか分からなくなるという事や、結婚制度に固執するのは時代遅れだと、屁理屈を述べます。
桑野のいつも通りの否定的な物言いに、まどかは、当人同士で結婚して幸せならいいと言って、ストップをかけます。

桑野は結婚式に出席するのか?

桑野は、周りや親に左右されて焦って結婚する例が多い、愛し合ってると思っていてもそれは一時的な事、生活するとお互いの欠点ばかり見えてくると言います。
桑野の言葉に、桜子は、「私たちは大丈夫よね」と英治に強く念押しします。
そんな英治たちのやり取りに、桑野は、すでに尻に敷かれている傾向が見えると二人の関係を指摘します。
結局、桑野は最後まで「検討」として、出席への返事を曖昧にしました。

元気がないタツオのワケ

桑野が自宅の前では、タツオは元気なく、廊下にへたばっていました。
早紀は、病院に連れていっても何も悪いところがなかったと言いますが、桑野はタツオの顔をまじまじと見て、何か秘めた表情をしていると察しました。
全くわからない早紀に、桑野は女優のくせに犬の表情も読めないのかと皮肉を言います。。
早紀は、タツオを散歩する道で、メスのパグ犬を散歩している飼い主に追いかけられた話をします。
桑野が代わりにタツオを散歩する事になりました。道でメスのパグ犬を連れた、サングラスの強面の飼い主と遭遇し、桑野も少し怖くなって隠れてしまいました。

姪のゆみがメイドカフェでバイト⁉

ある日、桑野はと圭子と良雄から相談を持ちかけられます。
ゆみが親に内緒でメイドカフェでバイトしていて、バイトの理由を聞き出し、辞めるように説得してほしいという事でした。
桑野は、良雄からゆみが自分たちより桑野に心を開いていると言われ、考えてみる事にしました。
桑野はゆみの問題の方が重要となり、結婚式の出席はあっさり受け入れました。

桑野がメイドカフェへ!

桑野は、ゆみがバイトをしているメイドカフェに一人で入店する事になりました。
メイドに「信介ご主人様!」と接客され、桑野の初のメイドカフェ体験です。
桑野に気づいたゆみは、店の外で話す事になりました。
ゆみがバイトをしている理由は、お金を貯める為でした。アメリカで経済の勉強をしたいから、留学資金を貯めていたのです。

ゆみの思いを伝える桑野

桑野は良雄にゆみのバイトの理由を話します。父親が医者と結婚して病院を継げと言うので、反対されると思って親に相談できなかったとのことでした。
桑野は、メイドカフェは、他のバイトより時給がいいし、変なバイトでもない、実際楽しかったと言います。
そして、娘を心配する良雄に、桑野は「ゆみは良い子」だと伝えます。

桑野と英治の絆は・・・

英治は、結婚パーティーの主賓のスピーチを桑野に頼みたいと思っていますが、桜子は桑野からロクな事を言われないと嫌がります。
それでも英治は、桑野に主賓のスピーチをお願いします。
英治は、桑野に本当に世話になった事や、周りから、自分と桑野との長い付き合いや絆をわかってもらえず悔しい思いをしている事など熱く語ります。
しかし桑野は、「絆とかそんな目に見えない事を言われても」と、冷たい言い方をしてしまい、英治はガッカリして帰ってしまいました。

女性たちのそれぞれの結婚観は?

早紀の家では、まどか、有希江、桜子が集まって食事をしていました。
桜子は、英治から桑野に主賓のスピーチを断られたと聞きます。
女性陣たちは、桑野の否定的な結婚観を聞き、それぞれ思うところがありました。
有希江は、桑野の言葉が響き、今後は世間体関係なく自由に生きたいと思っていました。
まどかは、桑野は自分が結婚する気がないから気軽に批判できるのだと言います。
桜子は、自分たちは世間体なんか関係ない、自分たちが結婚したいからすると言います。

まどかが桑野を説得するが・・・

桑野は、自宅でオーケストラのマエストロの真似事に酔いしれていると、まどかから呼び出されます。
まどかは、英治の為に主賓のスピーチをするように言いますが、桑野は、結婚に対して綺麗ごとを言えないので、上辺だけのスピーチならしない方がいいと言い返します。

その時、ゆみから親と話したと連絡がありました。留学を賛成してくれた事、バイトを辞めるという事を報告してきました。そして桑野は、ゆみに「ありがとうね」とお礼を言われます。
それを聞いていたまどかは、姪っ子の為に何かしてあげたんだったら、英治の為にもできると言います。
桑野は仕方なさそうに、原稿があって読むだけならやると答えました。
まどかは原稿を書く事を引き受け、桑野がスピーチする約束をさせました。

桑野が注文するスピーチ原稿は?

桑野は、スピーチ原稿の進捗状況を確認する為に、いつもの2倍バナナを持ってまどかの事務所にやって来ます。
仕事が忙しい中、まどかはネットにあった文をコピペして、中身は後で考えようとしていました。
桑野は、文章を読みながら「三つの袋」というワードに疑問を持ちます。
「三つの袋」とは、結婚式のスピーチで定番の言葉で、胃袋、お袋、堪忍袋を大切にしなさいという事でした。
桑野は即却下し、手垢がついた言葉はダメ、文章が固いとダメ出しをしていきます。
桑野は、新鮮で軽さもありつつ、時折笑いをとりながら最後は感動するスピーチでと、ハードルの高い注文をつけます。

まどかのスピーチ原稿とは・・・

まどかは、桑野の心の中は知らないし、知りたくもないから、自分自身の気持ちを正直に書いたと言いってスピーチ原稿を渡します。
まどかの原稿は、「私は、幸せそうな英治くんと桜子さんをちょっと憎らしい思いでみています。どうして人生の先輩を差し置いてこんないい出会いに恵まれたのか、前世でお地蔵さんに傘でもかけたのですか?」と書かれていて、桑野が思う原稿とはまるで違う文章でした。

結婚式当日!

桑野は、パーティー会場へ向かう英治と桜子を呼び止め、事情があって今日のスピーチは自分で書く事になったと文句をいいます。
桑野は、内容があるスピーチを書く為に、2人の事をもっとよく知らなければならないと言って、パーティー直前にも関わらず、2人に話を聞き出そうとします。
英治は、スピーチ原稿を他の人に頼もうとしていた事や、今になって自分たちの事を聞こうとする桑野の態度にビックリします。

パーティー直前で桑野が迷走・・・

桑野が、まず何で結婚しようと思ったのか?という質問します。
桜子は、一緒にいて楽しい、仕事を頑張っている、私の言う事を何でも聞いてくれる、と答えます。
それを聞いた桑野は、稼ぎはまあまあ、尻に敷いても文句を言わない、と勝手に解釈します。
英治は、気を使うのが苦手だから一緒にいて楽、話題がない人は気づまりになるから話題が豊富でいい、片付け上手もいい、と答えます。
それを聞いた桜子は、英治が他の女と比較していないかと問い詰めます。
桑野のせいで、英治と桜子が少し揉めてしまいました。

桑野の英治への思い

スピーチで名前を呼ばれた桑野ですが、焦りからメモを落とし、原稿なしでスピーチする羽目になりました。

スピーチで、桑野は英治に対する思いを話します。
15年前にはじめて英治が自分のところにやって来て、何もできず何をやってもダメだった男だったが、ただ一つ、彼はどんな辛い事も逃げなかった言います。
逃げずに自分と一緒にここまでやって来て、彼の力もあって何とかやって来れたと、そんな英治の事だから結婚生活で辛い事があっても、桜子に責められても絶対に逃げないでしょうと。
桑野は、「それは僕が保証します。僕との間に絆が出来たんですから、桜子さんとの間にはもっと・・・」と言い、「桜子さん、英治をお願いします。英治、おめでとう」と最後に締めくくりました。
桑野の言葉に英治は涙ぐみ、感動のスピーチとなりました。

結婚式が終わり、桑野はSNSでアップする写真をチェックしていると、まどかから多量の結婚式の画像が送られてきました。
桑野はその中から、飛び跳ねて必死にブーケを獲ろうとしているまどかの写真を1点アップし、沢山の「いいね」がつきました。

次回、第9話:12月3日(火)夜9時〜放送

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1128/kdb_191128_1276747523.html