結婚式場決定前後でやりたいことが変化し式場選びに後悔している方が68.5%!

結婚式に関する調査リリースvol.3  結婚式準備の実情を調査

自由な結婚式をサポートするWebサービス“Choole(チュールウエディング)”と提案型の結婚式相談カウンター“gensen wedding(ゲンセンウエディング)”を運営する株式会社リクシィ(本社:東京都中央区、代表取締役:安藤正樹、以下 リクシィ)は、20〜30 代の男女615名に対して結婚式の準備における実情を調査いたしました。

●調査結果サマリー
*結婚式場決定前後でやりたいことが変化し式場選びに後悔している方は68.5%にのぼる。
*式場選びに後悔をしている方の方が式場決定前に結婚式場のイメージをとても出来ていた割合が高く(44%)
パートナーと話し合うことが出来ていた割合も高い(55%)。
*式場選びに後悔をしている方は、式場決定前にやっておけば良かったと感じる項目として「予算を明確にしておくこと(70%)」「理想の結婚式のイメージの話し合いの場(49%)」「提携ドレスやショップのラインナップを調べる(46%)」「結婚式経験者からアドバイスを聞く(40%)」ことを挙げている。
*式場選びに後悔をしている方は、結婚式の準備をしていて不便に思った項目として「相談できる人がいなかった(50%)」「当日のイメージが湧きにくかった(47%)」「準備のスケジュールが分からない(44%)」「会場で持ち込み制限がかかった(40%)」「全体の費用が不透明だった(39%)」ことを挙げている。

●調査結果
1. 結婚式場決定前後でやりたいことが変化した方のうち(n=302)式場選びに後悔している方は68.5%にのぼる。
[画像1: https://prtimes.jp/i/27297/20/resize/d27297-20-389535-4.jpg ]

2. 全体のうち(n=615)式場選びに後悔をしている方の方が式場決定前に結婚式場のイメージをとても出来ていた割合が高く(44%)、パートナーと話し合うことが出来ていた割合も高い(55%)

[画像2: https://prtimes.jp/i/27297/20/resize/d27297-20-804099-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/27297/20/resize/d27297-20-668688-2.jpg ]

3. 全体のうち(n=615)式場選びに後悔をしている方は、式場決定前にやっておけば良かったと感じる項目として「予算を明確にしておくこと(70%)」「理想の結婚式のイメージの話し合いの場(49%)」「提携ドレスやショップのラインナップを調べる(46%)」「結婚式経験者からアドバイスを聞く(40%)」ことを挙げている。

[画像4: https://prtimes.jp/i/27297/20/resize/d27297-20-967391-3.jpg ]

4. 全体のうち(n=615)式場選びに後悔をしている方は、結婚式の準備をしていて不便に思った項目として
「相談できる人がいなかった(50%)」「当日のイメージが湧きにくかった(47%)」「準備のスケジュールが分からない(44%)」「会場で持ち込み制限がかかった(40%)」「全体の費用が不透明だった(39%)」ことを挙げている。
一方で、式場選びに後悔していない方は、後悔している方と比べ全体的に不便に思っていること自体少ないものの「全体の費用が不透明だった(29%)」「会場で持ち込み制限がかかった(22%)」という点においては不便に感じている状況。

[画像5: https://prtimes.jp/i/27297/20/resize/d27297-20-528648-1.jpg ]

今回のアンケート調査より、結婚式場決定前後におけるイメージ変化が原因となり式場選びへの後悔をしている方の方が、式場決定前にはより式場のイメージが出来ており、パートナーとの話し合いも十分出来ていたと感じていたことが分かりました。

一方で式場選びに対する後悔は、式場決定前には情報取集し切れなかった、費用の「不透明さ」や持ち込み制限の「不自由さ」が大きく起因していることが分かりました。

また「ウエディング専門家からのアドバイス」以上に「結婚式経験者からのアドバイス」を求める方が多く、一方向のキレイな側面のみが詰まった情報よりも、メリットもデメリットもオープンに詰まった生の情報を求める方が多い傾向であることから、今後は結婚式場も不透明で不自由な要素は見直されていくのではないでしょうか。

従来の産業構造において当たり前化している持ち込み制限や費用の不透明感に対するユーザーの嫌悪感はますます増えてきており、より自由で透明感ある結婚式場の体制が求められる時代に入ったと言えるでしょう。

●アンケート調査概要
1. 調査対象: 国内で結婚式をした20-30代男女
2. 調査方法: インターネットリサーチ
3. 調査期間: 2019年11月8日〜2019年11月15日
4. 有効回答者数:615名
5. 回答者の属性:【性別】男性:48%、女性:52%、【年代】20代:30%、30代:70%

■ リクシィについて
リクシィは、「ネットとリアルで新しい価値を」を理念とし、「世界中のオールドビジネスをニュービジネスに」をビジョンに掲げ、「ブライダル業界の構造改革・結婚式であふれた世界を創る」をミッションに2016年5月に設立しました。
“自由な結婚式をサポートするWebサービス“「Choole(チュールウエディング)」、 “元プランナーが厳選!提案型の結婚式相談カウンター”「gensen wedding(ゲンセンウエディング)」を提供するウエディングプラットフォーム事業、ブライダル企業の事業をサポートするブライダルコンサルティング事業、ブライダル特化の人材紹介サービス「リクシィキャリア」などを提供するブライダルビジネスサポート事業を柱に展開しています。

<会社概要>
商号    : 株式会社リクシィ
代表者   : 代表取締役社長 安藤 正樹
所在地   : 〒104-0061 東京都中央区銀座7-15-4 三島ビル6F
設立    : 2016年5月
資本金   : 2億7,162万円(資本準備金含む)
URL    : http://rexit.co.jp/
事業内容  :
・ウエディングプラットフォーム事業
gensen wedding https://gensenwedding.jp/
Choole(チュールウエディング) https://choole.jp/
・ブライダルコンサルティング事業
リクシィブライダルコンサルティング https://consulting.rexit.co.jp/
・ブライダルビジネスサポート事業・人材紹介事業
リクシィキャリア https://career.rexit.co.jp/
・ウエディングオープンイノベーション事業 https://woi.rexit.co.jp/
東カレウエディング https://wedding.tokyo-calendar.jp/
Combi×Choole『ファミリー婚』 https://choole.jp/lp/combi/

<代表略歴>
2003年京都大学法学部卒業。
2001年より創業メンバーとして参画した株式会社ドリコムで、営業担当取締役として、新規事業、事業拡大、営業部門のマネジメント全般を担当し、東証マザーズ上場に貢献。
2009年、株式会社エスクリに入社し、東証マザーズ上場を経験後、取締役事業本部長に就任し、東証一部指定替に貢献。2016年5月、株式会社リクシィを創業。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/economy/1127/prt_191127_6125294917.html