財布の紐も緩みがちな季節も安心!? 私がお金を散在しなくなったワケ【やっぱり家が好き~おっとぅんとみったんと私~ 第29話】

こんにちは。渋谷です。

あけましておめでとうございます。
本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

さて、お正月は何かと物入りで出費がかさみましたね。

お金の管理が大変なので世のお母さま方は年明け早々頭を悩ませている方も多いはず。
ということで、今回は我が家の家計管理についてです。

■渋谷家の家計管理事情は

渋谷家のお金の管理はといいますと…

旦那です

旦那がお金を管理しています

おまえ、どんだけ旦那におんぶにだっこなんだよというお言葉が聞こえてきそうです。
私もそう思う。

同棲中は「財布別でそれぞれが管理ね!」という形だったので、結婚してもそのまま引き続き各自という感じとなっていたのですが、いざ私が管理しようとなったとき、致命的な問題があったのです…

■私がお金の管理をできないワケ

私がお金の管理をしない理由

書類を読むのが本当にできないんです。

日本語が書いてあるのはわかる。でも意味が全然わからない。
文章を3行咀嚼(そしゃく)するのが限界なんです。

なんで書類ってあんな訳のわからない文体なんでしょうか。

パニックになってブチ切れまくったのでそれ以来、お金の管理は旦那が担当になりました。

■「しない」理由も実はあるんです

人の収入を見るのが苦手

私は、夫婦でも、夫が稼いでくれたお金は“夫のがんばり”という思いがあって、それに「自分が介入する」ということが苦手なのでした。

また、旦那がお財布を管理してくれる事により、「これは私がやすやすと使って良いお金ではないのだ!」という意識が生まれ、独身時代より散在しなくなった(気がする)のです。

しかしこれだけ何から何まで旦那にやってもらってて私ってマジで嫁としての意義があるのか…?と思いますね…

自分ができる事をできる範囲で頑張りたいと思います! 押忍!

(渋谷さえら)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9354113