青山テルマ、「黒人でブサイク」と差別された過去 それでも笑顔の理由

青山テルマ(画像は青山テルマ公式インスタグラムのスクリーンショット)

歌手の青山テルマが14日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。親戚から心無い言葉を浴びせられた過去を明かした。

■ハーフを理由に差別された女性

番組では、アルバイト先で知り合った外国人の彼氏との結婚をめぐって、親とトラブルになっている29歳女性の投稿を紹介。

結婚を考えて両親に彼を紹介したところ、母親は「結婚には反対しない。ただ、生まれてくる子供がハーフだと差別されてかわいそうな人生を歩むかもしれない。子供をつくらないなら結婚を認める」と言ってきたという。

まさかの条件を出されてしまった投稿者と彼は大きなショックを受けてしまう。母親と縁を切ることを考えているようだ。

関連記事:青山テルマが清水翔太の家で取った行動に衝撃 「テルマがテルマ使ってる…」

■親戚から差別された過去

相談を受け、青山は「ハッピーは自分でつくるもの」と回答。自身もクォーターだとし、「私も黒人で日本人で。私も親戚に言われたんですよ。『テルマは黒人だし、ブサイクだし、将来どうするんだ』」と言われたことを告白する。

続けて「けど、この顔で生まれてきたら『この顔が一番似合う笑顔』を探し続けて生きている」とポジティブにとらえているよう。いじめは人種や国は関係なく怒ってしまうとし、それを全部守ることが親の義務ではないと主張。

母親と縁を切るまでではないが、「自分が子供を生みたいなら生むべき」とエールを送った。

■ポジティブぶりを称賛する声

投稿者のエピソードを受け、ネット上では「ひどすぎる」「母親とは思えない」と怒りの声があがる。

また、そんな母親を非難するわけでもなく、あくまでも幸せは自分で見つけるべきと回答した青山のポジティブさに「強いな」「超良いこと言ってるなって感動した」と称賛する声もみられた。

■ポジティブを自覚する人は…

青山のようにポジティブに考えられたらよいが、なかなか難しいもの。ましてや自身のことを否定された状況なら、なおのこと前向きになれないだろう。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,664名に「自身の性格をどう思うか」と調査したところ、「自分はポジティブなほうだ」と回答したのは約3割と少数派という結果に。

ポジティブ

歯に衣着せぬ発言や、自由奔放なキャラクターが注目される青山。過去のつらい経験から「強くなること」の大切さを学んだと語っていた。

・合わせて読みたい→ギャルママ、キッザニアでの“娘のチョイス”に驚愕 「まさかの…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日〜2018年12月17日

対象:全国20代〜60代の男女1,664名 (有効回答数)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0115/srb_200115_5474895224.html