高橋真麻が第1子妊娠 父・英樹待望初孫、ブログで「無事を」

フリーアナウンサーの高橋真麻(左)と、父で俳優の高橋英樹

写真を拡大

 フリーアナウンサーの高橋真麻(38)が、昨年12月に結婚した一般男性との第1子を妊娠したことを3日、発表した。この日、生出演した日本テレビ「スッキリ」で「このたび第1子を授かりました」と報告。安定期に入っており、来春5月に出産予定という。

 父親で俳優の高橋英樹(75)にとっては待望の初孫となる。この日、ブログを更新し愛娘のおめでたを報告。元女優の妻が真麻を出産するまでに3度流産し、8年を要した経験から「ただただ無事を願うばかり」と心配しつつ「“ヒデジイ?”に無事になれますよう」と、出産を待ち望む心境をつづった。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1204/spn_191204_4238492031.html