かけがえのない森のなかで

9月の台風15号から
森に入るのをやめていた、もりのわ
森の入り口にある春から始めた、もりのわ畑で活動してきました
畑も夏から秋へ
実りの秋で、おおいそがしでした。 
この間、こつこつと森の中の風倒木の処理をすすめてきましたが
10月には、台風19号もあり
復旧作業は、「三歩すすんで二歩さがる」といったかんじでした
ほぼ2ヶ月たった11月半ば
先週より、少しずつ森のお散歩を再開しました
子どもの様子、年齢でまだ行けるところは制限しようと思いますが
久しぶりの森です
こんなに森には入れないことは、今までもちろんありませんでした
子どもたちは、何か特別な様子もなく
いつものように森を歩いて、何かをみつけたりしています
この間に、森の中でなぜか一本だけ咲くヒガンバナが咲いて枯れ
ウバユリは実をつけ
ツリフネソウも咲きおわり実がはじく頃になっていました
子どもが帰園し、森に入り、作業をしていると
ツリフネソウが派手なピンクの花を咲かせて待っていてくれました
子どもの声がしない森の二ヶ月は
なんともさみしい思いもありましたが
それは、こつこつと作業を確実にすすめていけば、叶うこと
必ずもどる
そう思っての今があります
一昨日は、木々の上に青い空がみえ
お天気雨がぱらぱらと杉っ葉から落ちてきて
きらきらとしたしずくたちがなんとも綺麗な川原でした
今日は、子どもたちがさっそく
“シャカシャカ” (ウバユリのこと)をみつけて
うれしそうに「みてみて」と言っていました
“シャカシャカ” は、茎がまだ緑で、タネは未成熟
“シャカシャカ” と、実が出せる日までのおたのしみです
なにもいらないもののない
すべてが必要な森
なににもかえがたい
森のなかで
子どもたちは過ごしています
かけがえのない森のなかへようこそ
e0256851_23254530.jpg
e0256851_23285815.jpg
e0256851_23290849.jpg




by morinowa
| 2019-11-20 15:34
| もりのわ日記
|
Comments(0)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://morinowa.exblog.jp/28709569