スマホ禁止!?『デバイスフリー・ウェディング』のすすめ

2670d7014487561284384dedd17f6a06_s

「デバイスフリー・ウェディング」とは?

みなさん、「デバイスフリー・ウェディング」って聞いたことありますか?

今回は最近海外で注目の「デバイスフリー・ウェディング」についてお話したいと思います。

「デバイスフリー・ウェディング」とは、ゲストに携帯端末(スマホなど)やカメラでの撮影を遠慮していただいて、その場を存分に楽しんでいただくというコンセプトのことです。

英語では「unplugged wedding」と言って、「プラグを繋がない結婚式」と表現するんです。

皆さんが今までに参加した結婚式を思い出してみてください。

花嫁入場の時、皆さんスマホで撮影することに集中しすぎて、その瞬間を存分に堪能できなかったなんていう経験はありませんか?

そんな、残念すぎることにならないように、自分の結婚式では工夫してみたいですよね。

ぜひ皆さんの結婚式に「デバイスフリー・ウェディング」を取り入れてみてください。

(※「デバイスフリー・ウェディング」の定義はさまざまで、「インターネットへの接続をしない」という定義の元、ゲストにSNSへの投稿を控えてもらうという花嫁さんもいるそうです。)

デバイスありのデメリット~花嫁目線~

ゲストが携帯端末やカメラで写真を撮ることで、ゲスト自身が被るデメリットはお話ししましたが、
花嫁側のデメリットはどんなものがあるでしょうか?

~花嫁目線のデメリット~

①ゲストと目が合わない

72912e5388c270f3e7fe64664a4db8f7_s

入場の時に、せっかくゲストの方を見ても、みんなスマホの画面に集中していて誰とも目が合わない!!なんていうのは、悲しいですよね💧
でも、実際そういうことってありそうですよね・・・(泣)

②プロのカメラマンの写真に写り込む

2670d7014487561284384dedd17f6a06_s

挙式や披露宴では、多くの花嫁がプロのカメラマンに撮影を依頼しますよね。
もし、プロのカメラマンに撮ってもらった写真に、スマホが写り込んで、邪魔してしまっていたら嫌ですよね。

③ゲストの表情が写真に残らない
結婚式当日、プロのカメラマンに撮ってもらうのは新郎新婦だけではないですよね。もちろん、ゲストの写真もいっぱい撮ってもらうはずです。でも、ゲストのみんながスマホを構えてばかりいたらどうでしょうか。ゲストの表情が撮れないですよね。せっかく参加してもらうのだから、ゲストの感動した顔や笑った顔を写真に残したいですよね。

ゲストにお願いするときの注意点

では、ゲストに撮影を遠慮してほしいと思ったときに、どのように伝えたらいいのでしょうか。

伝え方に注意しないと、ゲストに悪い印象を持たれてしまうかもしれないので、気を付けて伝えるようにしたいですね。

例えば、「プロのカメラマンの邪魔になるから遠慮して」といったように、こちらの要望を前面に出してしまうと、ゲストの気持ちを害してしまうかもしれません。

そうではなくて、
「デバイスフリー」にすることで、ゲストのみなさんが得られるメリットを最大限に伝えるように心がけると、みんな納得して受け入れてくれるのではないでしょうか。

他に注意したいこと

「デバイスフリー・ウェディング」をするにあたって他に注意したいことは次の3つ。

①招待状などで事前に連絡しておく
「デバイスフリー・ウェディング」は、日本ではまだまだ馴染みのないコンセプトです。
なので、ゲストの皆さんも、当日聞かされたのでは、「え!?うそ!?」と驚いてしまいます。そうならないために、事前に招待状でコンセプトについての説明をして、納得していただく時間をとるといいと思います。

②当日もアナウンスをする
挙式・披露宴当日も、もう一度アナウンスをしましょう。
ウェルカムボードに書き加えるのもお勧めです。そうすることで、招待状をしっかり読んでいなかったゲストや、コンセプトのことを忘れてしまっていたゲストに知ってもらうことができます。

1229144089c5c67eef20abf0bca74109_s

③ゲストが写真を入手できるシステムを用意する
ゲストが挙式や披露宴で写真を撮るのは、後で見たいからですよね。なので、ゲストにスマホ撮影を遠慮してもらうなら、その代わりに、ゲストが写真を入手できるシステムを用意しておきましょう。例えば、閲覧者を限定できるプライベートサイトでの公開などがお勧めです。

お勧めの伝え方「例文」

~デバイスフリー・ウェディングのご案内~

皆様に 挙式および披露宴を存分にお楽しみいただくために
デバイスフリー・ウェディングを行うことといたしました

つきましては 皆様には 挙式中および披露宴中の端末での写真撮影をお控えいただき
私たち二人の挙式および披露宴を ゆっくりと楽しんでいただきたく存じます

なお 当日の撮影は プロのカメラマンにお任せしておりますのでご安心ください

まとめ

いかがでしたか?

皆さんの結婚式を最高のものにするために、「デバイスフリー」という考えを取り入れてはいかがでしょうか?

ゲストの心象を悪くしないように、注意点を踏まえて実施するのがお勧めです。

このコンセプトは海外では人気のコンセプトですので、いろんな写真を検索して参考にするのがお勧めです。英語で「unplugged wedding」と検索してみてください♡

合わせて読みたい記事





一生で一番輝く結婚式・挙式に『ブライダルエステ』エルセーヌ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/pre_hana/archives/4335507.html