広島こそだて未来会議、ありがとうございました!

宇品のイベントホールmitteで開催された広島こそだて未来会議2019でのプレゼンテーション、無事に終了しました。
 
「みんなでつくろう未来の学校」というテーマに関心を持って集まられた100人近くの方に、まめとっこがやってきた森のようちえんのかたちについて紹介しました。
 
「子どもが自分の人生のハンドルを握る。
子育てで自分を生き直す。
お母さんがともにつくる森のようちえんの可能性」
 
をテーマとして掲げたプレゼンテーション。
「森のようちえんって?」という方も多いでしょうから、持ち時間の10分間に
  
・森のようちえんとは
・まめとっこのようちえんの概要
・まめとっこの共同保育のかたち
・信じる、待つ、見守る保育
・子どもの姿
・子どもにとっての森のようちえん
・お母さんにとっての森のようちえん
・森のようちえんをめぐる動向と展望
 
といった内容をギュギュッと凝縮してお話しました。
まめとっこがやっている共同保育と子ども観・保育観の核となるところは、伝えられた気がしています。
 
だけどね、きっと、
「そういう子育てができればいいけど」
「でも、うちはそんなところに通わせることができない」
と思われた方もたくさんいらっしゃると思うんです。
 
お母さんが週一日ほど保育当番に入るなんて、下の子や上の子がいたら難しいはず!
うちは共働きだから無理!
そんな園が近くにない!
なんてね。
 
私(代表ちほっち)も、「『いい』と思ってくれる人みんながここを選べるわけではない」と思っています。
 
だから、本当は…
時間があれば、こんなことを伝えたかったです。
 
「こんな子ども観・保育観の子育てがもっと広がってほしい」
「子どもを預けるだけの場ではなくて、お母さんやお父さんや保育者が子どもの育ちをまんなかに、それを見守りながら互いに語り合える場が増えてほしい」
「自然の中に出かけることが『森のようちえん』ではない」
「本当は、家でもどこでも何歳からでもできる…なぜなら森のようちえんは子ども観だから」
今日のプレゼンの中に、
「2歳前後から始まるイヤイヤ期へのネガティブなイメージを新常識に!」
というものがありました。
プレゼンターの方のサイト↓
 
2歳前後に始まるイヤイヤ期は、子どもが自分を生き始めようとする第一歩(プレゼンを踏まえて、かなり意訳させていただいています)。
 
私たちまめとっこも、同じように考えていて、
本当はようちえんに入る前の、もっと小さな頃から森のようちえん的子育ち・親育ちにふれてほしいのです。
 
代表ちほっち自身、2人の子どもを0歳の頃から森のようちえん的に育ててきたことで、子どもを一人のひととして尊重することを身をもって学びとることができたから。
 
本当は、もっと小さな頃…、子どもがものを触ったり口に運んだりする頃に森のようちえん的子育ち・親育ち観にふれてもらえたら、それが親子にとって一番いいんだろうと思います。
 
「子どもは今、世界をつかもうとしているんだな」
「成長しようとしてるんだな」
「自分の人生の一歩を進めているんだな」
 
そんなふうに、子どもの姿をそのままありのまま愛をもって受けとめやすいのは、たぶん0歳の頃だろうから。
 
子どもが世界に対する信頼感、自分はここにいていいという感覚を育む時期に、森のようちえん的子育ち・親育ちを知っていると、子どもの心身の健やかな育ちと健やかな親子関係づくりにつながるのですよねぇ。
 
ただ。
「家でもどこでもできる」と書きましたが、「子どもの今」「うちの子は、この子のままで素敵」と本当の意味で理解するようになれるには、やっぱり森が一番近道だったりもします。
 
大きな声を出したり、大きな音をたてたり、大きな声で笑ったり。
興味のあることをじーっと見つめて、動かなくなったり。
歩いたり、歩かなかったり。
 
家やお出かけ先の施設なんかでは、「やめて!だめ!」と思う子どものこんな行動を、
「子ども自身が何かをつかもう・学ぼうとしているんだなぁ」
「これがわが子なんだね」
とすとんと腑に落ちて感じられるのは、お母さん自身も癒されて自分に戻れる、森というやわらかな場所なんですよねぇ。
 
まめとっこでは、
12/16(月)には親子組さやまめの体験説明会を開催。
来年には、一般の親子さんに向けて開催するおさんぽ会など、森のようちえんを知って体験してもらえる大小のイベントを準備中。
 
子どもも大人も、自分であれるようになるひとつのきっかけの場所、
森のようちえんにぜひぜひ実際に出逢ってくださいね!
 
b0211925_14560074.jpg写真は、広島こそだて未来会議の開催プログラム。
それから、広島こそだて未来会議の実行委員さんたちがつくられた、まほうのシール。
 
静かにしていてほしいと思われるような場所で、泣いている子、困っている親御さんがいたときに…。
きっとこのシールを出してあげたら、気持ちが紛れたり心を立て直すきっかけになったりするよね。親御さんの困った気持ちも助かるよね。
そんなシールです。
すっごくやさしい試みですよね!
こちらのサイトに概要と入手方法が掲載されています。
広島こそだて未来会議をきっかけに、考え行動する大人が増えて、広島の子どもたちの未来が明るいものになりますように!
(文・写真:代表ちほっち)
広島市安佐南区・西区の森で活動中!
「お母さんである私」を大切に思えるようになる共同保育型ようちえん

森のようちえん まめとっこ

★2019年度 イベント情報★
●12/16(月)
 3学期からの1~2歳親子会員募集!
 親子組さやまめ体験説明会

★LINEでイベント情報配信中!★
 子育ち・親育ち&イベント情報をLINEで受け取っていただけます!
 ぜひお友だち登録を♪

★物品購入・寄付による支援のお願い★
 http://mametokko.exblog.jp/27925714/
★メディア露出情報★
 テレビ新広島「みんなのテレビ」Thank you for zeroコーナー
 http://www.tss-tv.co.jp/thankyouforzero/newsarchives/index_mintv.html/page/2/
 (動画が見られます)

★まめとっこメディア★
◆団体の理念や概要が知りたい
 →森のようちえん まめとっこホームページへ
 http://mametokko.jimdo.com/
 ようちえん(年少~年長対象/月~木曜日開園)
 親子組(1歳~未就園児親子対象/火曜日開催)
 おさんぽ会(0歳から参加できる月1回の自然体験イベント)展開中!

◆まめとっこの日常をのぞいてみたい
 →Facebookページ  いいね!してね☆
 https://www.facebook.com/mametokko/

 →Instagram フォローしてね☆

◆まめとっこのイベントに参加したい
 →おさんぽ会、親子組入会説明会などなどの募集開始をLINEでいち早くお届け!
  お友だち登録はこちらからどうぞ♪
  http://nav.cx/5yHGPnU

◆まめとっこにスタッフとして参加したい
 →保育スタッフ・サポートスタッフ募集のページへ
 https://mametokko.jimdo.com/top/スタッフ募集/

◆まめとっこの保育を見学したい
 →見学・視察について
 http://mametokko.exblog.jp/27053227/



yads_ad_ds = ‘90786_46743’;

#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

トラックバックURL : https://mametokko.exblog.jp/tb/29778135

トラックバックする(会員専用)
[ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。
ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


広島こそだて未来会議、ありがとうございました!

宇品のイベントホールmitteで開催された広島こそだて未来会議2019でのプレゼンテーション、無事に終了しました。
 
「みんなでつくろう未来の学校」というテーマに関心を持って集まられた100人近くの方に、まめとっこがやってきた森のようちえんのかたちについて紹介しました。
 
「子どもが自分の人生のハンドルを握る。
子育てで自分を生き直す。
お母さんがともにつくる森のようちえんの可能性」
 
をテーマとして掲げたプレゼンテーション。
「森のようちえんって?」という方も多いでしょうから、持ち時間の10分間に
  
・森のようちえんとは
・まめとっこのようちえんの概要
・まめとっこの共同保育のかたち
・信じる、待つ、見守る保育
・子どもの姿
・子どもにとっての森のようちえん
・お母さんにとっての森のようちえん
・森のようちえんをめぐる動向と展望
 
といった内容をギュギュッと凝縮してお話しました。
まめとっこがやっている共同保育と子ども観・保育観の核となるところは、伝えられた気がしています。
 
だけどね、きっと、
「そういう子育てができればいいけど」
「でも、うちはそんなところに通わせることができない」
と思われた方もたくさんいらっしゃると思うんです。
 
お母さんが週一日ほど保育当番に入るなんて、下の子や上の子がいたら難しいはず!
うちは共働きだから無理!
そんな園が近くにない!
なんてね。
 
私(代表ちほっち)も、「『いい』と思ってくれる人みんながここを選べるわけではない」と思っています。
 
だから、本当は…
時間があれば、こんなことを伝えたかったです。
 
「こんな子ども観・保育観の子育てがもっと広がってほしい」
「子どもを預けるだけの場ではなくて、お母さんやお父さんや保育者が子どもの育ちをまんなかに、それを見守りながら互いに語り合える場が増えてほしい」
「自然の中に出かけることが『森のようちえん』ではない」
「本当は、家でもどこでも何歳からでもできる…なぜなら森のようちえんは子ども観だから」
今日のプレゼンの中に、
「2歳前後から始まるイヤイヤ期へのネガティブなイメージを新常識に!」
というものがありました。
プレゼンターの方のサイト↓
 
2歳前後に始まるイヤイヤ期は、子どもが自分を生き始めようとする第一歩(プレゼンを踏まえて、かなり意訳させていただいています)。
 
私たちまめとっこも、同じように考えていて、
本当はようちえんに入る前の、もっと小さな頃から森のようちえん的子育ち・親育ちにふれてほしいのです。
 
代表ちほっち自身、2人の子どもを0歳の頃から森のようちえん的に育ててきたことで、子どもを一人のひととして尊重することを身をもって学びとることができたから。
 
本当は、もっと小さな頃…、子どもがものを触ったり口に運んだりする頃に森のようちえん的子育ち・親育ち観にふれてもらえたら、それが親子にとって一番いいんだろうと思います。
 
「子どもは今、世界をつかもうとしているんだな」
「成長しようとしてるんだな」
「自分の人生の一歩を進めているんだな」
 
そんなふうに、子どもの姿をそのままありのまま愛をもって受けとめやすいのは、たぶん0歳の頃だろうから。
 
子どもが世界に対する信頼感、自分はここにいていいという感覚を育む時期に、森のようちえん的子育ち・親育ちを知っていると、子どもの心身の健やかな育ちと健やかな親子関係づくりにつながるのですよねぇ。
 
ただ。
「家でもどこでもできる」と書きましたが、「子どもの今」「うちの子は、この子のままで素敵」と本当の意味で理解するようになれるには、やっぱり森が一番近道だったりもします。
 
大きな声を出したり、大きな音をたてたり、大きな声で笑ったり。
興味のあることをじーっと見つめて、動かなくなったり。
歩いたり、歩かなかったり。
 
家やお出かけ先の施設なんかでは、「やめて!だめ!」と思う子どものこんな行動を、
「子ども自身が何かをつかもう・学ぼうとしているんだなぁ」
「これがわが子なんだね」
とすとんと腑に落ちて感じられるのは、お母さん自身も癒されて自分に戻れる、森というやわらかな場所なんですよねぇ。
 
まめとっこでは、
12/16(月)には親子組さやまめの体験説明会を開催。
来年には、一般の親子さんに向けて開催するおさんぽ会など、森のようちえんを知って体験してもらえる大小のイベントを準備中。
 
子どもも大人も、自分であれるようになるひとつのきっかけの場所、
森のようちえんにぜひぜひ実際に出逢ってくださいね!
 
b0211925_14560074.jpg写真は、広島こそだて未来会議の開催プログラム。
それから、広島こそだて未来会議の実行委員さんたちがつくられた、まほうのシール。
 
静かにしていてほしいと思われるような場所で、泣いている子、困っている親御さんがいたときに…。
きっとこのシールを出してあげたら、気持ちが紛れたり心を立て直すきっかけになったりするよね。親御さんの困った気持ちも助かるよね。
そんなシールです。
すっごくやさしい試みですよね!
こちらのサイトに概要と入手方法が掲載されています。
広島こそだて未来会議をきっかけに、考え行動する大人が増えて、広島の子どもたちの未来が明るいものになりますように!
(文・写真:代表ちほっち)
広島市安佐南区・西区の森で活動中!
「お母さんである私」を大切に思えるようになる共同保育型ようちえん

森のようちえん まめとっこ

★2019年度 イベント情報★
●12/16(月)
 3学期からの1~2歳親子会員募集!
 親子組さやまめ体験説明会

★LINEでイベント情報配信中!★
 子育ち・親育ち&イベント情報をLINEで受け取っていただけます!
 ぜひお友だち登録を♪

★物品購入・寄付による支援のお願い★
 http://mametokko.exblog.jp/27925714/
★メディア露出情報★
 テレビ新広島「みんなのテレビ」Thank you for zeroコーナー
 http://www.tss-tv.co.jp/thankyouforzero/newsarchives/index_mintv.html/page/2/
 (動画が見られます)

★まめとっこメディア★
◆団体の理念や概要が知りたい
 →森のようちえん まめとっこホームページへ
 http://mametokko.jimdo.com/
 ようちえん(年少~年長対象/月~木曜日開園)
 親子組(1歳~未就園児親子対象/火曜日開催)
 おさんぽ会(0歳から参加できる月1回の自然体験イベント)展開中!

◆まめとっこの日常をのぞいてみたい
 →Facebookページ  いいね!してね☆
 https://www.facebook.com/mametokko/

 →Instagram フォローしてね☆

◆まめとっこのイベントに参加したい
 →おさんぽ会、親子組入会説明会などなどの募集開始をLINEでいち早くお届け!
  お友だち登録はこちらからどうぞ♪
  http://nav.cx/5yHGPnU

◆まめとっこにスタッフとして参加したい
 →保育スタッフ・サポートスタッフ募集のページへ
 https://mametokko.jimdo.com/top/スタッフ募集/

◆まめとっこの保育を見学したい
 →見学・視察について
 http://mametokko.exblog.jp/27053227/



yads_ad_ds = ‘90786_46743’;

#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

トラックバックURL : https://mametokko.exblog.jp/tb/29778135

トラックバックする(会員専用)
[ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。
ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。



by mametokko
| 2019-11-20 14:50
| ├イベント出店・お話し会
|
Trackback
|
Comments(0)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://mametokko.exblog.jp/29778135