疲れたのかな、「勢い買い物」した日


一仕事終えて立ち寄った駅ビル。上の階のお店でふと目に止まったものをお買い上げーー

後ろで蛍の光の音楽さながら「当店はまもなく、閉店します」のアナウンスが流れる中、会計と包装をしてもらっていました。

手に入れたのは。
ひとつは秋から冬にかけて重宝しそうなスエード調のパンプス。ソールにクッションが使われていて、ふかふかで歩きやすいです。なぜかセール対象になっていた一品で、白っぽい色味でした。
もう一つが、そのパンプスの上の陳列台に吊られていた合皮のポシェット。こちらもなぜか、割引シールが貼られていました。
赤、黒、茶などいろんな色が並んでいましたが、選んだのは地色がグレージュで、ストラップがパイソン風の柄ものです。
合皮のバッグには普段、ほとんど興味がありません。旅先向けに使おうとしたレスポのポシェットのゴールドの柄が色あせていて、くたびれた印象だったのに気づいたことが引っかかっていたのでしょう。帰宅して手入れするのを待たず、出先で処分してしまおうかと思ったほどでした。ちなみに合皮ポシェットにさっそく手荷物を詰め替えました。
さて、このポシェット、お安くて手軽なものながら、使い勝手が極めて良いのです。
気質は3つあり、中央はファスナー付きでお財布など貴重品を入れられます。両側はオープンなので、スマホやハンカチなど頻繁に取り出すものが収まります。
合皮だけにかさばりがちですが、軽いので使いやすいです。惜しみなくガンガン使い倒そうと考えています。
それにしても。
デフレのこの時代、就職したばかりの私が知ったら涙をこぼさんばかりのお値段のお洋服やファッション小物が本当に増えました。今の学生さんや若いOLさんがさぞかし幸せだろうと思うのは、お金をたっぷりかけなくても十分におしゃれを楽しめる環境が整っているためです。
今は新品でも割安感のある品物が増えています。中古品をピンポイントで探せるヤフオクやメルカリなどのマーケットもネットに登場し、予算が少なめであっても、誰かの手に渡ったものでよければ買うことができるのです。シェアサービスも広がりました。
あとは知恵と工夫次第、というのは本当に素晴らしいことです。

関西人の性(さが)なのか、お金をかけてオシャレになるのは当たり前、いかに賢く投資して自分らしいおしゃれを楽しむかが大切だ、と思っています。
明らかに気後れするお店を除き、今なお私は学生さん向けのショップでも、おばちゃん向け洋品店でも、躊躇なく足を踏み入れます。どこでどんなものがいくらかで売られているかを知るだけでなく、意外なところに好みのものや使いやすそうだと感じるモノが埋もれている可能性を無視できないと考えるからです。

ちなみに今回の買い物は大手のショップでした。後でネット通販を調べたら、まだ定価販売中でした。ラッキーだったと感じています。



yads_ad_ds = ‘90786_46743’;

#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://cocuecocu.exblog.jp/27855415