能登町鵜川・永代供養塔 大板


a0229679_08540215.gif

今までは柱など、小さい部材で台座を組んできましたが、

ここからは大きな石材を使います。

2枚に分けた板石でカロート部をふさいでいきます。

この中が全て納骨堂になります。

a0229679_08541204.gif

一枚ずつ、慎重に設置。

大きな石なので、とても気を使います。

a0229679_08541801.gif

2枚の継ぎ目が出来るだけ目立たないように、

しっかりと接着させていきます。

a0229679_08543164.gif

2枚合わせの大板の上に更にもう1枚。

今度を1個の石から削りだした1枚板を載せていきます。

a0229679_08543717.gif

ここまでで、台座部分は完成。

いよいよ、次は供養塔の「顔」ともいえる、自然石の設置に移ります。



引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://banban17.exblog.jp/239784431